説明

アンチウイルスソフトウェア、マルウェアツールおよび他のシステムセキュリティ監視ツールは、LifeKeeper と DataKeeper の正常な実行を妨害し、LifeKeeper レジストリキーの更新を停止させる可能性があります。

また、LifeKeeper と DataKeeper の実行ファイルを隔離して、LifeKeeper と DataKeeper が正しく動作しない原因となる可能性があるため、以下のすべてのことを考慮する必要があります。

  • マルウェアツール
  • マネージメントツール
  • ポートスキャンユーティリティ
  • ステートフルパケット検査ツール
  • その他のシステムセキュリティ監視ツール

推奨される対応

LifeKeeper および DataKeeper に関し、上記ソフトウェアで除外するものは以下の通りです。

- DataKeeper の場合
 C:\Program Files (x86)\SIOS\DataKeeper\directory (または DataKeeper がインストールされているフォルダ)

- C:\LK (LifeKeeper がインストールされるデフォルトのフォルダー) およびそのサブフォルダーを、アンチウイルスソフトウェアのセキュリティホワイトリストに除外として追加します。詳細については、ベンダーのドキュメントを参照してください。

- ビットマップファイルの場所(デフォルトではC:ドライブにありますが、再配置される場合があります。 C:\Program Files (x86)\SIOS\DataKeeper\Bitmaps )

- C:\Windows\system32\drivers ディレクトリにある DK driver, ExtMirr.Sys が アンチウィルス除外リストに含まれている必要があります。

これらの場所にはすべての実行可能ファイルが含まれていますが、ウイルス対策ソフトウェアによってこれらのファイルが隔離され、LifeKeeper または DataKeeper が動作不能になることがあります。

LifeKeeper と DataKeeper が使用するレジストリキーのリストについては、 レジストリエントリー を参照してください。

また、

UpperFilters レジストリキーは以下の場所にあります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{71A27CDD-812A-11D0-BEC7-08002BE2092F}

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信