ノード障害によるフェイルオーバーからの復旧

ESXi ホストの障害によりフェイルオーバーが発生した場合、仮想ハードディスクの切り離しが行えないため、停止したゲスト側にも仮想ハードディスクが接続されたままになります。
このため、復帰時に複数のゲストが仮想ハードディスクへアクセスを試みますが、その操作はハイパーバイザにより制限されるため、ゲストは起動できない状態になります。
このような状態が発生した場合には、vSphere client を使用して、ゲストから仮想ハードディスクを切り離すことで復帰できます。

ESXi ログイン情報の変更

ESXi ホストのユーザー名・パスワードを変更する場合は以下の手順を実行してください。

  1. LifeKeeper もしくはすべての VMDK リソースを停止します。
  2. コマンドラインから以下のコマンドを実行して下さい。
    # /opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/scsi/vmdk/bin/esxi_register -u <ESXi ホスト名>
    対話的に新しいユーザー名およびパスワードを入力してください。正常にログインできた場合には、新しい情報に更新されます。
    VMDK リソースが起動している場合やログインできない場合はエラーになり、情報は更新されません。
  3. 停止した LifeKeeper もしくは VMDK リソースを起動します。
  4. すべてのノードに対して同様の操作をおこない、ログイン情報を更新します。

ESXi ホスト情報の削除

登録している ESXi ホストの情報を削除する場合には、以下の手順を実行して下さい。

  1. LifeKeeper もしくはすべての VMDK リソースを停止します。
  2. コマンドラインから以下のコマンドを実行して下さい。
    # /opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/scsi/vmdk/bin/esxi_register -d <ESXi ホスト名>
  3. 停止した LifeKeeper もしくは VMDK リソースを起動します。
  4. すべてのノードに対して同様の操作をおこない、ホスト情報を削除してください。

esxi_register詳細

ホストの登録 esxi_register -a <ESXi ホスト名>
ホストの削除 esxi_register -d <ESXi ホスト名>
ログイン情報の更新 esxi_register -u <ESXi ホスト名>
登録済みホストの一覧 esxi_register -l

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信