現在実行されているすべての LifeKeeper Core デーモンプロセスのリストを表示するには、次のコマンドを実行してください。

ps -ef | grep LifeKeeper | grep -w bin | grep -v lklogmsg

出力の例を以下に示します。

root 11663 11662 0 14:03 pts/0 00:00:00 /bin/bash /etc/redhat-lsb/lsb_start_daemon /opt/LifeKeeper/sbin/runsvdir -P /opt/LifeKeeper/etc/service log: runit just started……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

root 11666 11663 0 14:03 pts/0 00:00:00 /bin/bash -c ulimit -S -c 0 >/dev/null 2> &1 ; /opt/LifeKeeper/sbin/runsvdir -P /opt/LifeKeeper/etc/service log: runit just started……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

root 11880 11873 0 14:03 ? 00:00:00 /opt/LifeKeeper/bin/lk_logmgr -l/opt/LifeKeeper/out -d/etc/default/LifeKeeper

root 12240 11877 0 14:04 ? 00:00:00 /opt/LifeKeeper/bin/lcm

root 12247 11879 0 14:04 ? 00:00:00 /opt/LifeKeeper/bin/ttymonlcm

root 12250 11876 0 14:04 ? 00:00:00 /opt/LifeKeeper/bin/lcd

root 12307 11874 0 14:04 ? 00:00:00 /opt/LifeKeeper/bin/lkcheck

root 12311 11875 0 14:04 ? 00:00:00 /opt/LifeKeeper/bin/lkscsid

root 12325 11871 0 14:04 ? 00:00:00 /opt/LifeKeeper/bin/lkvmhad

root 12335 12330 0 14:04 ? 00:00:00 /opt/LifeKeeper/bin/perl /opt/LifeKeeper/htdoc/cgi-bin/DoRequest.fcgi

LifeKeeper の実行状態は次のコマンドで確認できます。

/opt/LifeKeeper/bin/lktest

LifeKeeper が実行中の場合は次のように出力されます。

F S UID PID PPID C CLS PRI NI SZ STIME TIME CMD

4 S root 12240 11877 0 TS 39 -20 6209 14:04 00:00:00 lcm

4 S root 12247 11879 0 TS 39 -20 30643 14:04 00:00:00 ttymonlcm

4 S root 12250 11876 0 TS 29 -10 9575 14:04 00:00:00 lcd

LifeKeeper が実行中でない場合は何も出力されず、コマンドは 1 で終了します。

注記 : グラフィカルユーザインターフェース (GUI) に必要なプロセスとともに、LifeKeeper Core デーモンを開始、停止、および監視する別の LifeKeeper プロセスも実行されています。プロセスのリストについては、LifeKeeper 制御プロセスの表示 および LifeKeeper GUI サーバプロセスの表示 を参照してください。また、ほとんどの LifeKeeper プロセスには子プロセス lklogmsg があり、予期しない出力をキャプチャして記録します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信