LifeKeeper を停止する必要がある場合は、ルートとして次のコマンドを入力して停止してください。

/etc/init.d/lifekeeper stop-nofailover

または

LKSTOP_MODE=stop-nofailover systemctl stop lifekeeper

このコマンドを使用すると、ローカルシステム上の LifeKeeper をシャットダウンします (実行されている場合)。まず、すべての保護されたリソースをローカルシステム上のサービスから取り除いてから、LifeKeeper デーモンをシャットダウンします。保護されたリソースは、クラスタ内の別のシステムにフェイルオーバされません。LifeKeeper は、システムが再起動すると自動的に再起動されます。

/etc/init.d/lifekeeper stop-daemons

または

LKSTOP_MODE=stop-daemons systemctl stop lifekeeper

このコマンドを使用すると、リソースをサービスから取り除くセクションを実行しません。 リソースはローカルシステム上で引き続き実行されますが、LifeKeeper の保護はなくなります。リソースを正常にシャットダウンしない場合、SCSI ロックなどの項目などを取り除くことができなくなるため、このコマンドの使用には注意が必要です。このコマンドを実行した後、そのシステムで障害が発生するかシステムがシャットダウンされた場合、システムは適切なリソースにフェイルオーバを開始できません。LifeKeeper は、システムが再起動すると自動的に再起動されます。

/etc/init.d/lifekeeper stop

または

systemctl stop lifekeeper

このコマンドを使用すると、サービスからリソースを取り除きますが、!nofailover! フラグ [LCDIflag(1M) を参照] を通信可能などのシステムにも設定しません。これは、shutdown_switchover フラグが設定されたらフェイルオーバが実行されることを意味します。shutdown_switchover が設定されていない場合、このコマンドは、/etc/init.d/lifekeeper stop-nofailover と同様に動作します。LifeKeeper は、システムが再起動すると自動的に再起動されます。

/etc/init.d/lifekeeper stop-failover

または

LKSTOP_MODE=stop-failover systemctl stop lifekeeper

このコマンドを使用すると、リソースをサービスから取り除き、フェイルオーバが実行されます。このコマンドは、shutdown_switchover フラグを設定して /etc/init.d/lifekeeper stop コマンドを実行した場合と同様の動作をします。LifeKeeper は、システムが再起動すると自動的に再起動されます。

注記: 代わりに、以下のコマンドを使用して LifeKeeper を停止することもできます。

  • /opt/LifeKeeper/bin/lkstop
    このコマンドを実行すると、現在実行されている場合ローカルシステムの LifeKeeper はシャットダウンされます。まず保護されているすべてのリソースをローカルシステムのサービスから削除し、次に LifeKeeper デーモンをシャットダウンします。
  • /opt/LifeKeeper/bin/lkstop -f
    このコマンドは、サービスからリソースを削除するセクションをスキップします。リソースは引き続きローカルシステムで実行されますが、LifeKeeper には保護されなくなります。

 

LifeKeeper の自動起動の無効化

システムの再起動時に LifeKeeper が自動で再起動しないようにするには、次のコマンドを入力してください。

chkconfig lifekeeper off

または

systemctl disable lifekeeper

詳細については、chkconfig (または systemctl)マニュアルページを参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信