デフォルトでは、リソースのスイッチバック設定は Intelligent です。これは、そのリソースについて サーバ A から サーバ B にフェイルオーバが発生すると、別の障害が発生するか、管理者がリソースを別のサーバに Intelligent に 切り替えるまで、リソースは サーバ B に残ります。このため、 サーバ A が In Service に戻った後も、リソースは サーバ B で動作を続行します。この時点では、 サーバ A はリソースのバックアップとして機能します。

状況によっては、障害が発生したサーバが復旧したときに、リソースをそのサーバに自動でスイッチバックすることが望ましい場合があります。LifeKeeper には、前述したデフォルトの Intelligent スイッチバック 動作に代わる選択肢として、 Automatic スイッチバック オプションがあります。このオプションは、各サーバの個々のリソース階層に設定できます。特定のサーバ上にあるリソース階層に Automatic スイッチバック を選択し、そのサーバに障害が発生した場合、そのリソース階層はバックアップシステムにフェイルオーバします。障害が発生したサーバが復旧したときに、リソース階層は元のサーバに自動的にスイッチバックします。

注記:

  • Automatic の場合、プライマリサーバがオンラインに戻り、LifeKeeper コミュニケーションパスを再確立した直後に自動的にスイッチバックが行われます。
  • LifeKeeper は、優先順位が上位のサーバから下位のサーバへの Automatic スイッチバック を実行しません。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信