LifeKeeper リソース階層を作成して拡張すると、そのリソース階層はプライマリサーバとセカンダリサーバの両方に存在します。ほとんどのリソースインスタンスは、1 台のサーバでのみ同時にアクティブにできます。このようなリソースについて、LifeKeeper は「イクイバレンシ情報」という第 2 の種類の関係を定義します。これにより、リソースがあるサーバで In Service になると、イクイバレンシ情報が定義されている他のサーバでは Out of Service になります。

以下の例に、各サーバのディスクパーティションのリソースインスタンス間のイクイバレンシ情報を示します。この例では、各リソースインスタンスが類似のイクイバレンシを持ちます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信