以下の手順をプライマリサーバーで実行してください。

  1. [Edit] メニューの [Server] から [Create Resource Hierarchy] を選択します。

Create Resource Wizard ダイアログボックスが表示されます。

  1. ドロップダウンリストから [SAP DB Database] を選択し、 [Enter] をクリックします。
  1. 以下の情報の入力を要求されます。ダイアログボックスで [Back] ボタンが有効な場合は、前のダイアログボックスに戻ることができます。これは、エラーが発生した際に、前に入力した情報を修正する必要がある場合に便利な機能です。また、いつでも [Cancel] をクリックして、作成処理全体を取り消すことができます。
フィールド
ヒント
Switchback Type  インテリジェントまたは自動のいずれかを選択します。これにより、フェイルオーバー後にバックアップサーバー上で in-service(アクティブ)になった後の SAP DB リソースのプライマリサーバーへのスイッチバック方法が決まります。インテリジェントスイッチバックでは、管理者がリソースをプライマリサーバーに戻す必要がありますが、プライマリサーバーがオンラインに戻って SPS のコミュニケーションパスが再確立されると、自動的にスイッチバックが行われます。

注: スイッチバック戦略は、SAP DB リソースが使用する従属リソースのものと一致している必要があります。

SAP DB Programs Directory  このフィールドには、対応するサーバーの SAP_DBTech.ini ファイルにある SAP DB プログラムパスがデフォルトで含まれています。別のディレクトリパスを入力することもできます。パス名に使用できる有効な文字は、文字、数字および特殊文字 - _ . / です。(MaxDB 7.8では SAP_DBTech.ini は存在しなくなるので、これは無視してください)
SAP DB Instance  このフィールドには、デフォルトで、SPS 階層が存在しないシステム上にある最初の SAP DB インスタンスの名前が含まれます。ドロップダウンリストには、システムで使用可能な他のデータベースインスタンスが表示されます。
SAP DB System User  SAP DB コマンドを所有しているか、SAP DBコマンドを実行する権限のあるシステムユーザーです。 このユーザーは、対応するサーバー上に存在する必要があります。選択画面で有効なユーザー名を入力します。
User_Key  このフィールドには、XUSER User_Key のデフォルト値が含まれます。User_Key は、SAP DB ツールで使用するデータベースユーザーのデータを保存するために使用されます。対応するサーバー、OS ユーザーおよびデータベースインスタンスの組み合わせに対して有効な User_Key を入力します。
SAP DB Database Tag  これは、プライマリサーバー上の新しい SAP DB データベースリソースの一意のタグ名です。デフォルトのタグ名は、SAP DB インスタンスで構成されています。別の一意のタグ名を入力することもできます。タグに使用できる有効な文字は、文字、数字および特殊文字 - _ . / です。
  1. [Create] をクリックし、Create Resource Wizard で SAP DB リソース階層を作成します。すると SPSは入力されたデータを検証します。SPS が問題を検出すると、情報ボックスにエラーメッセージが表示されます。
  1. SAP DB リソース階層を正常に作成したことを示すメッセージが表示され、フェイルオーバー保護を実施するためにクラスター内の別のサーバーにその階層を拡張する必要があります。 [Next] をクリックします。
  1. [Continue] をクリックすると、SPS は Pre-Extend Wizard を表示します。リソース階層を他のサーバーに拡張する方法については、 SAP DB リソース階層の拡張 のステップ2を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信