1. Listener を選択後、 [Resource] ツールバーから ボタンを選択し、保護された Listener のアップデートを行ってください。
  1. 以下の情報を入力してください。
フィールド
ヒント
Listener 名 リソースインスタンスに対して、保護する Oracle Listener の名前を選択してください。
IP アドレス名 このリソース階層の依存関係として追加する IP アドレスのリソース名を選択してください。

この設定に対して追加する IP リソースが存在しない場合は [None] を選択してください。

 

  1. [Update] を選択し、 保護された Listener および IP の割り当て を現在の状態から新しい状態へと変更してください。現在の状態を変更しない場合は [Cancel] を選択してください。

[Update] を選択した場合、特定のリソースに対する保護された Listener がアップデートされている状態がダイアログに表示されます。 [Finish] をクリックしてください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信