ABAP+Java の設定は、次のインストールで構成されます。

  • ABAP セントラルサービスインスタンス (ASCS インスタンス)
  • ASCS インスタンス用エンキューレプリケーションサーバインスタンス (ERS インスタンス) (オプション) (ASCS インスタンスと SCS インスタンスの両方は、自身の ERS インスタンスを持つ必要がある)
  • Java 用セントラルサービスインスタンス (SCS インスタンス)
  • SCS インスタンス用エンキューレプリケーションサーバインスタンス (ERS インスタンス) (オプション)
  • データベースインスタンス (DB インスタンス) - ABAP スタックと Java スタックは、同一のデータベース内で独自のデータベーススキーマを使用します。
  • プライマリアプリケーションサーバインスタンス (PAS)
  • 追加のアプリケーションサーバインスタンス (AAS) - 追加のアプリケーションサーバインスタンス (AAS) を、プライマリアプリケーションサーバインスタンス (PAS) ホストとは別のホストにインストールすることを推奨します。

SAP デュアルスタック (ABAP+Java) システム向けスイッチオーバクラスタ

上の例において、ASCS と SCS は、データベースとは別のリソース階層にあり、これらのセントラルサービスインスタンスは、データベースとは異なるサーバで起動しています。

SAP 階層の例

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信