注記 :Sybase Monitor Server は Sybase ASE ARK v9.0.2 およびそれ以降のバージョンではサポートされません。

LifeKeeper for Linux Sybase ASE Recovery Kit は、Adaptive Server、Backup Server、Monitor Server コンポーネントにリソース保護を提供します。ただし、Backup Server コンポーネントと Monitor Server コンポーネントは、リソース階層の必須コンポーネントではありません。Sybase Backup Server と Sybase Monitor Server は、リソース保護から除外できます。Sybase Monitor Server または Sybase Backup Server の保護が必要ない場合、リソース階層の作成中に該当するコンポーネントの選択画面で「none」を選択できます。GUI によるリソース作成中に「none」を選択すると、選択されたコンポーネントがリソース階層の保護から除外されます。 注記: 「none」は、Sybase ASE Recovery Kit の予約語です。そのため、Sybase Backup Server と Sybase Monitor Server のいずれも、「none」という名前を付けることはできません。

これらのコンポーネントを保護するかどうかを選択する際は、Adaptive Server の設定ファイル、デバイスパス、ログパス、または共有メモリディレクトリとファイルシステムを共有する設定ファイルが、LifeKeeper によって保護されることに注意することが重要です。1 つまたは複数のコンポーネントを LifeKeeper の保護から除外する場合は、保護するコンポーネントと保護しないコンポーネントが共有されないようにファイル配置を考慮する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信