手動スイッチオーバを開始することによって、DataKeeper リソース階層をテストできます。このテストは、プライマリサーバからバックアップサーバへのリソースインスタンスのフェイルオーバをシミュレートします。

LifeKeeper の GUI からの手動スイッチオーバの実行

手動スイッチオーバを開始するには、LifeKeeper の GUI[Edit] > [Resource] > [In Service] を選択します。例えば、バックアップサーバで In Service リクエストが実行されると、DataKeeper リソース階層がバックアップサーバ側で In Service になり、プライマリサーバ側では Out of Service になります。この時点で、元のバックアップサーバがプライマリサーバに、元のプライマリサーバがバックアップサーバになります。

新しいプライマリサーバーの DataKeeper リソースの状態は、LifeKeeper GUI で [Source] に設定されています。スイッチオーバー中は、各ターゲットの DataKeeper リソースの状態は最初は [Out of Sync] に設定され、データがまだそのターゲットに複製されていないことを示します。マルチターゲット構成の場合、前のソースには[Out of Sync]、その他のターゲットには [Out of Sync (Wait for Previous Source)] と表示されます。 再同期は、前のソースから各ターゲットの順に、自動的に開始されます(状態は [Resyncing] に移行します)。再同期が完了すると、状態は [Target] に変わります。これは通常の スタンバイ 状態です。これらの状態通常素早く変化するため、GUI には表示されない場合があります。

注記: 再同期中は、DataKeeper リソースの手動フェイルオーバはできません。

[Out of Service] 要求を実行した場合、リソース階層は他のサーバで In Service にならずに、Out of Service になります。リソースを同じサーバ上で In Service に戻すことができるのは、再同期中にリソースが Out of Service になった場合のみです。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信