下記の表は、Quorumパラメーター名とその意味を説明しています。これらの値は /etc/default/LifeKeeper 設定ファイルを編集することにより設定可能です。

パラメーター名 パラメーターの意味 設定値 デフォルト値 パラメーター適用タイミング 備考
QUORUM_MODE Quorum モードを指定します。 majority
tcp_remote
storage
none またはoff
majority 適宜 (すぐに反映されます) 詳細はテクニカルドキュメンテーション「Quorum/Witness 」を参照。
QUORUM_HOSTS Quorum チェックで接続確認を行うホストを “host:port” の形式で指定します。複数のホストを指定する場合、カンマ区切りで指定してください(スペースは含めないこと)。

(設定例)

QUORUM_HOSTS=myhost:80,router1:443,router2:22
文字列 (未設定) 適宜 (すぐに反映されます) このパラメーターは、QUORUM_MODE が tcp_remote の場合のみ、適用されます。
WITNESS_MODE Witness モードを指定します。 remote_verify
storage
none またはoff
remote_verify 適宜 (すぐに反映されます) 詳細はテクニカルドキュメンテーション「Quorum/Witness 」を参照。
QUORUM_TIMEOUT_SECS Quorum チェックで tcp/ip 接続を完了するための タイムアウト時間を秒単位で指定します。この時間内に接続が完了しない場合は、失敗、または使用不可となります 整数値 20 適宜 (すぐに反映されます) このパラメーターは、QUORUM_MODE が tcp_remote の場合のみ、適用されます。
QUORUM_LOSS_ACTION Quorum が失われた場合の動作を指定します。 fastkill
fastboot
osu
fastkill 適宜 (すぐに反映されます) 詳細はテクニカルドキュメンテーション「Quorum/Witness 」を参照。
QWK_STORAGE_TYPE 共有ストレージのタイプを指定します。
storage モードで使用する場合は、必ず指定してください。
block
file
aws_s3
(未設定) qwk_storage_init 実行時 このパラメーターは、QUORUM_MODE および WITNESS_MODE に storage を指定した場合のみ適用されます。
詳細はテクニカルドキュメンテーション「storage モード 」を参照。
QWK_STORAGE_HBEATTIME QWK オブジェクトを読み書きする間隔を秒単位で指定します。 5以上10以下の整数値 6 qwk_storage_init 実行時 このパラメーターは、QUORUM_MODE および WITNESS_MODE に storage を指定した場合のみ適用されます。
詳細はテクニカルドキュメンテーション「storage モード 」を参照。
QWK_STORAGE_NUMHBEATS Witness チェックで対象ノードに障害が発生していると判断するための値を指定します。QWK オブジェクトの読み込みにおいて、このパラメーターに指定した回数以上更新が停止していると、対象ノードに障害が発生していると判断します。 3以上の整数値 4 qwk_storage_init 実行時 このパラメーターは、QUORUM_MODE および WITNESS_MODE に storage を指定した場合のみ適用されます。
詳細はテクニカルドキュメンテーション「storage モード 」を参照。
QWK_STORAGE_OBJECT_<ホスト名>
注記: ホスト名に”-”または”.”を含む場合、アンダースコア “_” に置き換えてください。 (例:lksios-1 → lksios_1)
注記: LifeKeeperで使用するホスト名は lcduname コマンドで調べることができます。
QWK オブジェクトのパスを指定します。
storage モードで使用する場合は、必ずクラスターを構成するすべてのノード分のパラメーターを指定してください。

[QWK_STORAGE_TYPEが block の場合]
デバイスファイルのパスを指定してください。
注記: WWID (/dev/disk/by-id/) を使用して永続的なパスを指定してください。
(設定例)
QWK_STORAGE_OBJECT_nodeA=/dev/disk/by-id/xxxxx
QWK_STORAGE_OBJECT_nodeB=/dev/disk/by-id/yyyyy

[QWK_STORAGE_TYPEが file の場合]
レギュラーファイルのパスを指定してください。
(設定例)
QWK_STORAGE_OBJECT_nodeA=/quorum/nodeA
QWK_STORAGE_OBJECT_nodeB=/quorum/nodeB

[QWK_STORAGE_TYPEが aws_s3 の場合]
Amazon S3 オブジェクトの s3uri を指定してください。LifeKeeper が動作しているリージョンと異なったリージョンの S3 を使用してください。また、異なった2つのリージョンの S3 の使用を推奨します。2リージョン指定する場合は、カンマ区切り(スペースは含まない)で列挙してください。
(設定例1)
QWK_STORAGE_OBJECT_nodeA=s3://bucket1/nodeA,s3://bucket2/nodeA
QWK_STORAGE_OBJECT_nodeB=s3://bucket1/nodeB,s3://bucket2/nodeB
(設定例2)
QWK_STORAGE_OBJECT_nodeA=s3://bucket/quorum/nodeA
QWK_STORAGE_OBJECT_nodeB=s3://bucket/quorum/nodeB
文字列
(最大長は256文字です)
(未設定) qwk_storage_init 実行時 このパラメーターは、QUORUM_MODE および WITNESS_MODE に storage を指定した場合のみ適用されます。
詳細はテクニカルドキュメンテーション「storage モード 」を参照。
HTTP_PROXY
HTTPS_PROXY
NO_PROXY
サービスエンドポイントへのアクセスでHTTPプロキシを使用する場合に設定してください。
ここで設定した値がそのまま AWS CLI へ渡されます。
詳しくは AWS のドキュメント を参照してください。
文字列 (未設定) qwk_storage_init 実行時 このパラメーターは EC2Route53 と共通のパラメーターです。
QUORUM_DEBUG デバッグモードを指定します。 0: 無効
1: 有効
0 適宜 (すぐに反映されます) 詳細はテクニカルドキュメンテーション「Quorum/Witness 」を参照。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信