DB2 リソース階層のテストは、手動でサーバを切り替えて、プライマリ・サーバからバ ックアップ・サーバへのリソース・インスタンスのフェイルオーバをシミュレートすることによって行えます。

LifeKeeper GUI からの手動切り替えの実行

LifeKeeper GUI[編集] > [リソース] > [サービス中] を選択すると、手動切り替えを開始できます。たとえば、バックアップ・サーバでサービス中リクエストが実行されると、DB2 リソース階層がバックアップ・サーバ側でサービス中になり、プライマリ・サーバ側ではサービス休止になります。この時点で、元のバックアップ・サーバがプライマリ・サーバになり、元のプライマリ・サーバがバックアップ・サーバになります。

[サービス休止]要求を実行すると、リソース階層は他のサーバでサービス中にならずに停止されます。再同期中にリソースがサービス休止になった場合、サービス中に戻すこ とができるのは休止になったのと同じサーバ上のみです。

重要: バックアップ・サーバでリソース階層をサービス中にしたあとは、データベースに接続してみる必要があります。特に、RAW デバイスをテーブルスペース・コンテナとして使用している場合は接続を試みる必要があります。この作業は、バックアップ・サーバですべてのディスク・パーティションが認識されており、RAW バインディングが正しく確立されていることを確認するために必要です。

これは、すべてのディスク・パーティションがバックアップ・サーバ側から見えるようにして、RAW バインディングを正しく確立するために必要です。バックアップ・サーバで RAW バインディングが確立されていない場合、その原因として最も可能性が高いのは、新しいパーティションをプライマリ・サーバに作成して構成に追加したのに、バックアップ・サーバ側のパーティション・テーブルが更新されていないためです。

解決策は、パーティション・テーブルが正しくアップデートされるように、バックアップ・サーバを再起動することです。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信