参考動画(英語)

SIOS Protection Suiteのアップグレード

  1. クラスター内のすべてのノードで、SIOS Protection Suiteを最新バージョンにアップグレードします ( SPS のアップグレード を参照してください).
  1. SAP HANA ARK と、対応する 必要な ライセンスをクラスター内のすべてのノードにインストールします。

SAP HANA Gen/App リソースの削除

  1. LifeKeeperがすべてのノードで実行され、gen/appリソース階層がIn Serviceになっている必要があります。
  1. リソース階層を以前の設定に復元する必要がある場合に備えて、LifeKeeperの設定をバックアップします。バックアップを取るには、次のコマンドを実行します。

/opt/LifeKeeper/bin/lkbackup -c --cluster

デフォルトでは、バックアップファイルは以下にあります。

/opt/LifeKeeper/config/archive.<date – yyyymmddhhmm>.tar.gz.

  1. 左のパネルで SAP HANA gen/app リソース階層を右クリックします。
  1. 依存関係がgen/appリソース(仮想IPまたはAWS EC2 EIPなど)にアタッチされている場合は、 [Delete Dependency…] を選択します。
  1. 依存関係が削除されたら、 SAP HANA gen/app リソースを右クリックします。
  1. [Delete Resource Hierarchy…] を選択し、古いSAP HANA gen/appリソースを削除します。

SAP HANAリソースの作成と拡張

新しくインストールされたSAP HANA ARKを使用して、SAP HANAリソースを作成/拡張します。

  1. SAP HANAリソース を作成および拡張するには、 SAP HANAリソース階層の作成 および SAP HANAリソース階層の拡張 の手順に従ってください。
  1. SAP HANAリソース 階層を作成して拡張した後、上記のステップ4で削除した依存関係を作成または再作成したい場合は、次の手順を実行します。

a. 左のパネルで SAP HANAリソース 階層を右クリックします。

b. [Create Dependency…] を選択し、SAP HANA gen/appリソースにアタッチされていた新しいSAP HANAリソース(仮想IPまたはAWS EC2 EIPなど)に依存関係を作成します。

  1. ここ にあるテストを実行して、新しいSAP HANAリソース階層を確認/テストします。

HANA Gen/Appファイルの削除

各システムからgen/appパッケージを削除するには、次のコマンドを実行してください。

rpm -e steeleye-lkHOTFIX-HANA-SP1-9.1.0-6538.noarch

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信