以下のテストシナリオはLifeKeeperの評価を始める際のガイドとしてお使い下さい。 テストを始める前にデータレプリケーションリソースがミラーリング状態であることを確認して下さい

  1. 手動スイッチオーバーによってミラーの方向をセカンダリーノードに向けて下さい。

    手順

    • LifeKeeper GUIの画面のセカンダリーノード(LinuxSecondary)のリソース階層最上部を右クリックして「IN SERVICE」を選択します。
    • ポップアップ表示されるウインドウの「In Service」をクリックします。



    予想される結果

    • アクティブノード(LinuxPrimary)のサービスから全リソースが停止されます。
    • 下位リソースから始まって全リソースがLinuxSecondaryで稼働状態(in sevice)になります。
    • このプロセスの間にミラーの方向が逆になり、今度はデータがLinuxSecondaryからLinuxPrimaryに転送されるようになります。
    • この時点で、LinuxSecondaryにおいて全リソースがアクティブになっています。



    テスト/検証

    • LifeKeeper GUIを使用して、ミラーの方向が逆になっており逆方向のミラーリングが行われていることを確認して下さい。リソース「datarep-mysql」を右クリックして「Properties」を選択します。



    • df –h を実行して、複製されたファイルシステム /var/lib/mysql が「md」デバイス(例: /dev/md0 )としてLinuxSecondary にマウントされていることを確認します。

  1. 手動スイッチオーバーによってミラーの方向をプライマリーノードへと戻します。

    手順

    • LifeKeeper GUIの画面のプライマリーノード(LinuxPrimary)のリソース階層最上部を右クリックして「In Service」を選択します。
    • ポップアップ表示されるウインドウの「In Service」をクリックします。

    予想される結果

    • アクティブノード(LinuxPrimary)のサービスから全リソースが停止されます。
    • 下位リソースから始まって全リソースがLinuxPrimaryで稼働状態(in sevice)になります。
    • このプロセスの間にミラーの方向が逆になり、今度はデータがLinuxPrimaryからLinuxSecondaryに転送されるようになります。



    テスト/検証

    • LifeKeeper GUIを使用して、ミラーの方向が逆になっており逆方向のミラーリングが行われていることを確認して下さい。リソース「datarep-mysql」を右クリックして「Properties」を選択します。



    • df –h を実行して、複製されたファイルシステム /var/lib/mysql が「md」デバイス(例: /dev/md0 )としてLinuxPrimary にマウントされていることを確認します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信