Recovery Kit for Oracle Cloud Infrastructure (RK for OCI) リソース階層の拡張は、以下の手順で行います。

  1. リソース階層の拡張 を参考に [Extend Resource Hierarchy] ウィザードを起動します。
  2. [Pre-Extend Wizard] で以下の情報を入力します。
フィールド ヒント
Switchback Type フェイルオーバー後に拡張先ノードが復帰したときに、そのノードに RK for OCI リソースを戻す方法を指定します。[intelligent] または [automatic] を選択できます。

  • [intelligent] の場合、リソースのスイッチバックを手動で行う必要があります。
  • [automatic] の場合、他のノードとの LifeKeeper コミュニケーションパスが再確立したら、自動的にスイッチバックが行われます。

注記: スイッチバックタイプは、[Resource Properties] ダイアログボックスの [General] タブで後から変更できます。
Template Priority 拡張元ノードのリソース階層の優先順位を入力します。1 ~ 999 の範囲で、まだ優先順位として使用されていない値を指定できます。小さい数値ほど優先順位が高くなります。デフォルト値を使用することを推奨します。この数字はリソースのカスケーディングフェイルオーバシーケンスにおけるサーバの優先順位を示します。

注記: このフィールドは、リソース階層を最初に拡張するときにだけ表示されます。
Target Priority 拡張先ノードのリソース階層の優先順位を入力します。1 ~ 999 の範囲で、まだ優先順位として使用されていない値を指定できます。数値が小さいほど優先順位が高くなります。この数字はリソースのカスケーディングフェイルオーバシーケンスにおけるサーバの優先順位を示します。

注記: LifeKeeper のデフォルトでは、階層が作成されたサーバに「1」が割り当てられます。優先順位は連続している必要はありませんが、特定のリソースについて 2 つのサーバに同じ優先順位を割り当てることはできません。
  1. 対象の RK for OCI リソースの拡張要件を満たしていることを確認するために CanExtend が実行されます。
    1. 拡張先ノードに、 IP アドレスを割り当て可能な VNIC が存在していることを確認します。
  2. 以下のパラメーターを入力し、リソースの拡張を行います。
フィールド ヒント
Secondary IP address 拡張元リソースの IP アドレスが表示されます。値の変更はできません。
Network Interface IP アドレスを割り当てるネットワークインターフェース名を選択します。IP アドレスを割り当てることができる VNIC に対応するネットワークインターフェース名から選択できます。
OCIVIP Resource Tag RK for OCI リソースタグを入力します。これは、スタンバイノードに拡張される RK for OCI リソースが使用するリソースタグ名です。デフォルトでは、拡張元ノードでのリソースタグ名が表示されます。
  1. 同じ RK for OCI リソースをクラスター内の別のノードに拡張する場合は、 [Next Server] をクリックし、同様の操作を繰り返します。 [Finish] をクリックすると、LifeKeeper は RK for OCI リソースの拡張が正常に完了したことを確認します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信