ハードウェアに関する要件

プライマリーノード、セカンダリーノード

  • 評価期間中Linuxからの配布物を利用するのに必要な最低条件を満たすシステムが必要です。

  • 最低でも512MB RAM 。1GB RAMが推奨されます。

  • 利用可能なハードディスク容量が2GBはあることが推奨されます。

  • 複数のネットワークインターフェースカード(NIC)が推奨されます。

  • データレプリケーション用に1つあるいは複数のディスクパーティションを構成して下さい。これはプライマリーノードではソースパーティション、セカンダリーノードではターゲットパーティションになります。この評価例ではMySQLデータのレプリケーションを行います(パーティションは /var/lib/mysql にマウントされます)。

  • 複製対象のパーティションに関して、ターゲットパーティションのサイズは、ソースパーティションのサイズ以上でなければなりません。

  • システムパーティション( / )及び起動パーティション( /boot )はレプリケーションの対象外です。

ソフトウェアに関する要件

プライマリーノード、セカンダリーノード

  • Linuxディストリビューション x86_64、 AMD 64
    サポート対象の運用システムリストは、サポートマトリックス にてご覧下さい。

  • 現在お使いのパッチ、セキュリティーについては最新へのアップデートをお勧めします。

  • 依存関係に関する要件:特にベーシックあるいは最小限のLinuxインストールパッケージを選択された場合には、Linux Dependencies(Linux の依存関係) にて依存関係関連ドキュメントをご参照下さい。

  • ファイアーウォールは無効化することをお勧めします。
    • # service iptables stop ( systemctl stop firewalld )
    • # chkconfig iptables off ( systemctl disable firewalld )
    • LifeKeeper で使用されているポートに関する情報はこちら でご覧下さい。

  • SELinuxを無効化して下さい。
    • /etc/selinux/config を編集します。
    • SELINUX=disabled と設定します(注記:permissiveモードも可)。

  • /etc/hosts ファイルの構成をご確認下さい。
    • 127.0.0.1においてエントリーできるのはlocalhost.localdomain及びlocalhostのみです。
    • ホスト名に関しては、静的アドレスで個別のエントリーを行って下さい。

  • PAMによるGUI認証
    • SPS for Linuxでは Linux Standard Base (LSB)で提供されているPAM(Pluggable Authentication Module)が利用できるようになりました。
    • ユーザーの識別、認証はシステムのPAM構成に対して行われます。権限レベルはPAMを通じて付与されるグループメンバーシップによって決まります。
    • ユーザーがGUIにアクセスするには、LifeKeeperの3つのグループ
      (lkadmin、lkoper、lkguest)のいずれかのメンバーであることが必要です。
    • 詳細についてはConfiguring GUI Users(GUIユーザーの構成) をご覧下さい。

ネットワークに関する要件

評価を行うには次の例のように機器を構成することをお勧めします。


LinuxPrimary、LinuxSecondaryは、2つのLANセグメント間でマルチホーミングされています(2つ目の物理ネットワークが利用できない場合でも、クロスオーバーケーブルによって各ノードの2つ目のNICを接続できます)。この構成では2つ目のNICはオプションですが、単一障害点をなくすため実稼働環境では2つ目のNIC を使うことを強くお勧めします。
本例の評価シナリオでは、直接接続されたストレージのレプリケーションを行っていきます。

重要:変化率の分析

リアルタイムでデータのレプリケーションを行う場合、常時ミラーリング状態でレプリケーションを行うのに十分な帯域幅を確保する必要があります。書き込みアクティビティを時間対帯域幅で収集・分析して変化率分析を行う場合は、Measuring Rate of Change on a Linux System(Linuxシステム(物理または仮想)での変化率の測定) をご参照下さい。

プライマリーノード、セカンダリーノード

  • LifeKeeperで保護される全ノードについて、エントリーを伴うホストファイルを構成します。これは通常/etc/hostsです。
    例:
    192.168.197.101 LinuxPrimary
    192.168.197.102 LinuxSecondary
    

  • 切り替え可能IPアドレスとして使用する未使用IPアドレスを取得する場合にはネットワーク管理者にお問い合わせ下さい。この切り替え可能IPアドレスは、構成の過程で後ほど作成します。

  • 以下を使ってパブリックネットワーク接続を構成します。
    • 静的IPアドレス
    • 適切なサブネットマスク
    • 適切なゲートウェイアドレス

  • 以下を使ってプライベートネットワーク接続を構成します。
    • 静的IPアドレス (パブリックネットワークとは別のサブネット上のもの)
    • 適切なサブネットマスク
    • ゲートウェイIPアドレスは使いません。
    • DNSサーバーアドレスは使いません。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信