このページでは、設定上の考慮事項に加え、Recovery Kit for Oracle Cloud Infrastructure (RK for OCI) の設定作業を説明します。

RK for OCI 固有の設定上の考慮事項

RK for OCI を利用する前に、以下のページを見直して、要件を満たしていることを確認してください。

RK for OCI の設定作業

すべての Recovery Kit に共通の設定作業は、SPS for Linux テクニカルドキュメンテーション管理 セクションに記載されています。

  • リソース依存関係の作成 : 既存のリソースと別のリソースとの間に親子の依存関係を作成し、リソースが拡張されているノードに依存関係の変更を反映します。
  • リソース依存関係の削除 : リソースの依存関係を削除し、リソースが拡張されているノードに依存関係の変更を反映します。
  • In Service : リソース階層を特定のノードで In Service にします。
  • Out of Service : リソース階層を特定のノードで Out of Service にします。
  • プロパティの表示 / プロパティの編集 : 特定のノードでリソース階層のプロパティーを表示または編集します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信