SAP ソフトウェアのアップデート中に LifeKeeper の保護下にあるリソースをメンテナンスモードにする

LifeKeeper には、SAP 階層内のリソースを メンテナンスモード にする機能があります。これにより、ユーザーはバックアップサーバ上で階層を In-service にしなくても、SAP ソフトウェアをアップグレードできます。

SAP 階層でメンテナンスモードが有効になっている間

  • 階層内のすべてのリソースに対して、リソースのヘルスモニタリング、ローカルリカバリ、およびフェイルオーバーが無効になります。

注記: アップグレードプロセス中のデータ破損の可能性を最小限に抑えるために、LifeKeeper は SCSI リザベーションエラーを検出して対処します。これにより、リソース階層のフェイルオーバーが発生したり、SCSI リザベーションが失われた場合にシステムが停止することがあります。SCSI デバイスにアクセスできない場合の LifeKeeper の動作を変更するには、Coreパラメータ一覧SCSIERROR パラメータを参照してください。

注記: Quorum/Witness 機能を使用している場合、LifeKeeper はデフォルトでは、Quorum を失うとノードを停止します。これは、Quorum の喪失に対処する必要がある重要なアプリケーション階層がある場合に役立ちますが、ネットワーク通信エラーが発生した場合に保守作業を実行している間に予期しない停止を引き起こす可能性があります。手動でQuorum/Witness 機能を無効/有効にする手順は、マニュアルの Quorum / Witness のセクションを参照してください。

  • メンテナンスモードが無効になるか、ユーザーが手動でミラーを再開するまで、階層内の DataKeeper ミラーはすべて一時停止されます。

注記: メンテナンスモードが階層に対して有効になっている間にミラーを手動で再開することは推奨しません。これは、ヘルスモニタリング、ローカルリカバリ、およびフェイルオーバーが無効になっているため、LifeKeeper はミラーの障害に対処できないからです。

SAP 階層をメンテナンスモードにするには、以下の手順を実行します。

  1. LifeKeeper GUI開きます。
  1. 現在In-serviceのノードの各SAPリソースを 右クリック し、 [SSHCC HA Actions] をクリックします。

  1. ドロップダウンボックスで [Maintenance Mode] を選択します。

  1. 選択した階層のすべてのリソースに対して、メンテナンスモード を 有効/無効 にするかどうかを選択します。この操作は、クラスタ内のすべてのノードで実行します。

コマンドラインから SAP メンテナンスモードを有効または無効にする

クラスター内の全てのサーバー上の全リソース階層に対して SAP メンテナンスモードを有効するには、LifeKeeper の保護下にある SAP リソースをホストしているサーバーのうち一つで以下のコマンドを実行してください。

sudo /opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/appsuite/sap/bin/lk_maintenance_mode --mode=enable --cluster

オプションの --tag パラメーターはメンテナンスモードに設定する特定のリソース階層のみ指定するために使用されます。 例えば (A)SCS よび ERS リソース階層のみメンテナンスモードにする場合は、以下のコマンドを LifeKeeper の保護下にある SAP リソースをホストするサーバーのうち一つで実行してください。

sudo /opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/appsuite/sap/bin/lk_maintenance_mode --mode=enable --tag=<A/SCS Resource Tag>,<ERS Resource Tag> --cluster

クラスター内の全てのサーバー上の全リソース階層に対して SAP メンテナンスモードを無効にするには、以下のコマンドを LifeKeeper の保護下にある SAP リソースをホストするサーバーの一つで実行してください。

sudo /opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/appsuite/sap/bin/lk_maintenance_mode --mode=disable --cluster

上に記載されているように、オプションの —tag パラメーターは、特定のリソース階層のメンテナンスモードを無効にするために使用されます。

sudo /opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/appsuite/sap/bin/lk_maintenance_mode --mode=disable --tag=<A/SCS Resource Tag>,<ERS Resource Tag< --cluster

LifeKeeper 保護下にあるリソースのメンテナンスモードステータスの確認

LifeKeeper GUI は現在、各リソース階層のメンテナンスモードステータスを表示しません。 LifeKeeper で SAP 階層のメンテナンスモードステータスを確認するには、コマンドラインから次のコマンドを実行します。

sudo /opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/appsuite/sap/bin/lk_maintenance_mode --mode=check --tag=<Resource Tag> --cluster

ここで <Resource Tag> は、SAP リソースの LifeKeeper タグです(例: SAP-SID_ASCS00 または SAP-SID_ERS10)。出力には、指定されたリソースを含む階層のメンテナンスモードが完全に有効になっているか、部分的に有効になっているか、または完全に無効になっているかが表示されます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信