1. WebSphere MQ Recovery Kit を含むクラスタ内のすべてのノード上の SPS を、SIOS Protection Suite インストールガイド の「Upgrading SPS」セクションに記載の手順に従ってアップグレードします。
  1. クラスタ内の各ノード上の IBM WebSphere MQ ソフトウェアを以下の手順でアップグレードします。

a. 1 つまたは複数の LifeKeeper IBM WebSphere MQ リソース階層がアップグレードされるノード上で in service の場合、IBM WebSphere MQ ソフトウェアのアップグレードを実行する前に out of service にしなければなりません。この設定は、スタンドバイノードへのスイッチオーバによって可能です。

b. IBM WebSphere アップグレード手順に従ってください。

  1. IBM WebSphere ソフトウェアがノードにインストールされたら、LifeKeeper IBM WebSphere MQ リソース階層を in service にし (リストア)、各 Queue Manager の動作を確認します。
  1. 各 Queue Manager の動作を確認したら、クラスタ内の他のすべてのノードをアップグレードします。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信