症状:

ERSインスタンスが、プライマリーサーバーとバックアップサーバーの両方で同時に実行されている。

原因:

ERSインスタンスプロファイルがStart_ProgramではなくRestart_Programでインスタンスを開始するように設定されている場合、ERSインスタンスが何らかの理由で終了した際、sapstartプロセスはERSインスタンスを自動的に再起動します。
これにより予期しない動作が発生し、フェールオーバーまたはスイッチオーバー中にエンキューサーバーのロックテーブルが失われる可能性があります。

処置:

アクティブなERSインスタンスプロファイルの場所を特定します。これは、/usr/sap/sapservicesファイルで次の行を探すことにより見つけることができます。

LD_LIBRARY_PATH=/usr/sap/STC/ERS10/exe:$LD_LIBRARY_PATH; export LD_LIBRARY_PATH; /usr/sap/STC/ERS10/exe/sapstartsrv pf=/usr/sap/STC/ERS10/profile/STC_ERS10_sap2 -D -u stcadm

この例では、アクティブなERSインスタンスプロファイルは/usr/sap/STC/ERS10/profile/STC_ERS10_sapにあります。

ERSプロファイルを編集して、次の行

Restart_Program_00 = local $(_ER) pf=$(_PFL) NR=$(SCSID)

Start_Program_00 = local $(_ER) pf=$(_PFL) NR=$(SCSID)

に置き換えます。

「00」は、ご利用中のインスタンスプロファイルでは異なる数字の場合があるのでご注意ください。

変更を反映するには、次のコマンドを実行して、ERSインスタンスに対応するsapstartsrvプロセスを再起動します。

su – <sid>adm -c "sapcontrol -nr <ERS Inst#> -function RestartService <SID>"

次に、ERSインスタンスを実行してはならないシステムでERSインスタンスを停止します。対象のシステムで次のコマンドを実行します。

su – <sid>adm -c "sapcontrol -nr <ERS Inst#> -function Stop"

ERSインスタンスは、現在ASCS/SCSインスタンスが実行されていないバックアップシステムでのみ実行できます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信