アクティブ/スタンバイのペア設定では、プライマリサーバは処理を実行し、バックアップサーバはプライマリサーバに障害が発生した場合に備えてスタンバイします。スタンバイシステムは小型でパフォーマンスの低いシステムでもかまいませんが、プライマリサーバに障害が発生した場合にリソースの可用性を確保できるだけの処理能力が必要です。

スタンバイサーバは、複数のアクティブサーバにバックアップを提供します。例えば、上の図では、3 つのアクティブ / スタンバイのリソースペアでサーバ 2 がスタンバイサーバです。LifeKeeper のリソース定義が、以下のアクティブ / スタンバイのペアの関係を指定します。

  • サーバ 1AppAサーバ 2 にフェイルオーバする。
  • サーバ 3AppBサーバ 2 にフェイルオーバする。
  • サーバ 4AppCサーバ 2 にフェイルオーバする。

複数のアクティブ / スタンバイグループを持つ設定を検討するときには、以下の 3 つの重要な設定概念を念頭に置いてください。

  • ディスクの所有権 。複数の異なるアクティブなアプリケーションは、異なる複数のサーバから、同じ共有ディスクまた LUN にあるディスクパーティションを使用できません。LifeKeeper は、ディスクまたは LUN のレベルでロックを適用します。SCSI ロックが適用された場合、共有 SCSI バス上にあるシステム 1 台のみが、ディスクまたは LUN のパーティションにアクセスできます。このため、同一ディスク上の異なるパーティションにアクセスする複数のアプリケーションは、同一サーバ上でアクティブにする必要があります。この例では、サーバ 3 が AppB のディスクリソースを所有し、サーバ 4 が AppC のリソースを所有します。
  • 処理能力 。サーバ 1、サーバ 3、およびサーバ 4 に同時に障害が発生する可能性は非常に低いですが、複数のリソース関係をサポートするスタンバイサーバを指定するときには、複数の障害が発生した場合にスタンバイサーバが重要な処理のすべてを処理できるように注意する必要があります。
  • LifeKeeper の管理 。この例では、サーバ 2 がその他 3 台のサーバをバックアップします。一般的に、LifeKeeper のデータベースを複数の論理グループで同時に管理することは望ましくありません。はじめに、予備システムと 1台のアクティブなシステムとの間でリソースを作成し、次に予備システムと別のアクティブなシステムとの間、という手順を繰り返してリソースを作成する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信