/opt/LifeKeeper の下にある主なサブディレクトリを示します。

config - LifeKeeper の設定ファイル。イクイバレンシ情報を含みます。 bin - LifeKeeper の実行可能プログラム。is_recoverable などがあります。詳細については、障害検出とリカバリのシナリオ を参照してください。 subsys - リソースとタイプ。LifeKeeper は、共有 SCSI ディスクサブシステムのリソースとタイプの定義を scsi で、汎用アプリケーションのメニュー機能を gen で提供します。アプリケーションのインターフェースを定義する場合は、subsys の下にディレクトリを作成してください。


events - 警報イベント。詳細については、LifeKeeper の警報とリカバリ を参照してください。
 

/opt/LifeKeeper 内の LCD ディレクトリの構造については、/opt/LifeKeeper 内の LCD ディレクトリの構造 のトピックを参照してください。  

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信