説明

RHEL 8.0 でサーバーのシャットダウンストラテジーを “Switch Over Resources” から “Do Not Switch Over Resources” に変更できない

LifeKeeper と OS 同梱の OpenJDK の間でメモリ管理の不整合があり、変更することができません。

対応策: LifeKeeper のインストールイメージに同梱している OpenJDK をインストールします。以下は、インストールイメージが /mnt にマウントされている場合の実行例です。root で実行してください。

# openjdkdir=/opt/LifeKeeper/lib64/java
# mkdir -p $openjdkdir
# tar xzf /mnt/java/openjdk-12.0.2_linux-x64_bin.tar.gz -C $openjdkdir

/etc/default/LifeKeeperPATH から OS 同梱の OpenJDK のパスを削除して、先頭に “/opt/LifeKeeper/lib64/java/jdk-12.0.2/bin” を追加してください。
LifeKeeper GUI サーバーと GUI クライアントを再起動してください。

/etc/default/LifeKeeperPATH の設定変更例
変更前:
PATH=/usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-1.8.0.242.b08-1.el7.x86_64/jre/bin:/opt/LifeKeeper/bin:/bin:/usr/bin:/usr/sbin:/sbin

変更後:
PATH=/opt/LifeKeeper/lib64/java/jdk-12.0.2/bin:/opt/LifeKeeper/bin:/bin:/usr/bin:/usr/sbin:/sbin

GUI を終了した後で Web ブラウザを介して再接続すると、GUI ログインプロンプトが再表示されない場合があります

GUI アプレットを終了するか切断してから同じ Web ブラウザセッションから再接続しようとすると、ログインプロンプトが表示されない場合があります。

対応策: Web ブラウザを閉じ、開き直してからサーバに接続してください。Firefox を使用している際は、すべての Firefox を閉じ、再び開きます。

ネットワークが切断され、再接続された後で、GUI は IP リソースの状態をすぐに更新しません

クラスタ内のサーバ間のプライマリネットワークが切断され、再接続されると、RMI/TCP レイヤーの問題のため、リモート GUI クライアントの IP リソースの状態が更新されるまで 1 分 25 秒かかる場合があります。

Java 署名/未署名混合コードの警告 - LifeKeeper Java GUI クライアントアプレットをリモートシステムからロードすると、以下のセキュリティ警告が表示されることがあります



[Run] をクリックすると、以下のダイアログが表示されます。 



ブロックするかどうかを確認するメッセージが表示されます。[No] をクリックすると、LifeKeeper GUI の動作が可能になります。 

推奨される処置: セキュリティ警告の数を減らすには、2 つのオプションがあります。 

  1. [Always trust content from this publisher] ボックスをチェックし、 [Run] をクリックします。次に LifeKeeper GUI Java クライアントを読み込むときには、警告メッセージが表示されません。

    または

  2. ブロックに関する 2 番目のダイアログが表示されないようにするには、以下のエントリを Java の「 deployment.properties 」ファイルに追加します。Java クライアントをロードしたときにセキュリティ警告は表示されますが、アプレットはブロックされず、ブロックするかどうかを [Yes] または [No] で確認する上記のダイアログは表示されなくなります。この設定はすべての Java アプレットに適用されることに注意してください。

    deployment.security.mixcode=HIDE_RUN 

    上記のメッセージが両方とも表示されないようにするには、1 と 2 を実行してください。

ポート 778 ・779 が使用中の場合、steeleye-lighttpd プロセスの開始に失敗します

steeleye-lighttpd の起動時にプロセスがポート 778 もしくは 779 を使用している場合、steeleye-lighttpd の起動に失敗し、GUIへの接続障害が発生する。

解決方法: クラスタ内のすべてのノードで以下の設定を行い、LifeKeeper をすべてのノードで再起動します。

以下の行を /etc/default/LifeKeeper に追加します。

API_SSL_PORT=port_number
LKAPI_WEB_PORT=port_number

port_number は使用する新しいポートです。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信