この操作は [Edit] メニューから開始できます。または [Create Resource Hierarchy] オプションの動作が完了すると自動的に開始されます。その場合は、手順 2 を参照してください。

  1. [Edit] メニューの [Resource] から [Extend Resource Hierarchy] を選択します。 Pre-Extend Wizard が表示されます。拡張操作に慣れていない場合は、 [Next] をクリックしてください。LifeKeeper の [Extend Resource Hierarchy] のデフォルト値が分かっていて、入力と確認を省略する場合は [Accept Defaults] をクリックしてください。
  1. Pre-Extend Wizard に以下の情報を入力します。

注記: 最初の 2 つのフィールドは [Edit] メニューから拡張を開始した場合にのみ表示されます。

フィールド
ヒント
Template Server 現在 In Service のDataKeeper リソース階層 が存在するテンプレートサーバを選択してください。ここで選択する テンプレートサーバ と次のダイアログボックスで選択する 拡張するタグ によって、 In Service (アクティブ)のリソース階層が表されることを理解しておくことが重要です。 

選択したテンプレートサーバで In Service でないリソースタグを選択した場合、エラーメッセージが表示されます。このダイアログのドロップダウンボックスには、クラスタ内にある全サーバの名前が表示されます。
Tag to Extend これは、テンプレートサーバからターゲットサーバに拡張する DataKeeper インスタンスの名前です。ドロップダウンボックスには、テンプレートサーバ上に作成したすべてのリソースが表示されます。
Target Server 拡張先のサーバを入力するか、選択してください。
Switchback Type [intelligent switchback] を指定する必要があります。これは、バックアップサーバにフェイルオーバした後、管理者が手動で DataKeeper リソースをプライマリサーバにスイッチバックする必要があることを意味します。

注意: このリリースの SIOS DataKeeper は、 DataKeeper リソースの自動スイッチバックをサポートしていません。さらに、自動スイッチバックの制限は、 SIOS DataKeeper リソースの上に存在する他の LifeKeeper リソースにも適用されます。
Template Priority テンプレートの優先順位を選択するか、入力してください。これはサーバで現在 In ServiceDataKeeper 階層の優先順位です。 1 ~ 999 の範囲で、まだ優先順位として使用されていない値が有効で、小さい数字ほど優先順位が高くなります(数値 1 が最高の優先順位)。拡張処理時に、別のシステムですでに使用中の優先順位をこの階層に対して指定することはできません。デフォルト値をが推奨されます。

注記: このフィールドは、階層をはじめて拡張するときにだけ表示されます。
Target Priority ターゲットの優先順位を選択するか、入力してください。これは、他のサーバにある同等の階層に対する、新しく拡張する DataKeeper 階層の優先順位です。 1 ~ 999 の範囲で、まだ優先順位として使用されていない値が有効で、リソースのカスケーディングフェイルオーバシーケンスにおけるサーバの優先順位を示します。数値が小さいほど優先順位は高くなります(数値 1 が最高の優先順位)。 LifeKeeper のデフォルトでは、階層が作成されたサーバに「 1 」が割り当てられることに注意してください。優先順位は連続している必要はありませんが、特定のリソースについて 2 つのサーバに同じ優先順位を割り当てることはできません。

拡張前のチェックが正常に終了したというメッセージが表示されたら、 [Next] をクリックしてください。

拡張する階層に応じて、拡張されるリソースタグ(一部編集不可)を示す一連の情報ボックスが表示されます。

  1. [Next] をクリックして、 [Extend Resource Hierarchy] の構成タスクを開始してください。
  1. 次のセクションには、別のサーバに DataKeeper リソースを拡張するために必要な手順を示します。

DataKeeper リソース階層の拡張

  1. pre-extend スクリプトが正常に実行されたというメッセージが表示されたら、以下の情報を指定するように要求されます。
フィールド
ヒント
Mount Point ターゲットサーバ上にあるファイルシステムマウントポイントを入力してください( DataKeeper リソースに関連する、 LifeKeeper が保護するファイルシステムがない場合は、このダイアログは表示されません)。
Root Tag ルートタグを選択するか、入力してください。これは、ターゲットサーバ上にあるファイルシステムリソースインスタンスの一意の名前です( DataKeeper リソースに関連する、 LifeKeeper が保護するファイルシステムがない場合は、このダイアログは表示されません)。
Target Disk or Partition

複製するファイルシステムの配置先となる、ターゲットサーバ上のディスクまたはパーティションを選択してください。

ドロップダウンボックスのディスクまたはパーティションのリストには、以下のものを除いて、使用できるすべてのディスクが表示されます。
• すでにマウント済みのもの
• スワップディスクまたはスワップパーティション
• スワップディスクまたはスワップパーティション

ドロップダウンリストには、 root (/)、boot (/boot)、/proc, floppy、cdrom などの特殊なディスクまたはパーティションも表示されません。

注記: ターゲットのディスクまたはパーティションは、ソースのディスクまたはパーティション以上のサイズである必要があります。

DataKeeper Resource Tag DataKeeper リソースタグの名前を選択するか、入力してください。
Bitmap File インテントログの記録に使用するビットマップファイルの名前を選択するか入力してください。 [None] を選択すると、インテントログは使用されず、すべての再同期が部分的ではなく全体の再同期になります。
Replication Path


ターゲットサーバとクラスタ内の他の指定サーバとの間で複製に使用する、ローカルとリモートの IP アドレスのペアを選択してください。有効なパスおよび対応する IP アドレスは、このサーバのペアに対して指定した LifeKeeper コミュニケーションパスのセットから得られます。 DataKeeper の特性により、プライベート(専用)ネットワークを使用することが強く推奨されます。

DataKeeper リソースをすでに 1 台以上のターゲットサーバに拡張している場合、追加のサーバに対する拡張を実行すると、新しいターゲットサーバと既存のサーバとの組み合わせのそれぞれについて、繰り返し複製パスを指定するように要求されます。

Replication Type

指定したサーバのペアについて使用する複製タイプとして、 [synchronous] または [asynchronous] を選択してください。

前述の [Replication Path] フィールドと同様に、 DataKeeper リソースをすでに 1 台以上のターゲットサーバに拡張している場合、追加のサーバに対する拡張を実行すると、新しいターゲットサーバと既存のサーバとの組み合わせのそれぞれについて、繰り返し複製タイプを指定するように要求されます。

  1. [Extend] をクリックして次に進んでください。拡張が実行中であることを確認する情報ボックスが表示されます。
  1. [Finish] をクリックして、 DataKeeper リソースインスタンスが正常に拡張されたことを確認してください。
  1. [Done] をクリックして、 [Extend Resources Hierarchy] メニューを終了してください。

再同期中、 DataKeeper リソース、およびそれに依存するリソースはフェイルオーバできません。これは、データの破損を防止するためです。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信