下記の表は、MQパラメータ名とその意味を説明しています。これらの値は /etc/default/LifeKeeper 設定ファイルを編集することにより設定可能です。

パラメータ名
パラメータの意味
設定値
デフォルト値
パラメータ適応タイミング
備考
MQS_QUICKCHECK_TIMEOUT_SC サーバ接続チェックのタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 10 適宜  
MQS_QUICKCHECK_TIMEOUT_CC クライアント接続チェックのタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 10 適宜  
MQS_QUICKCHECK_TIMEOUT_PUTGET PUT/GETチェックのタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 10 適宜  
MQS_QUICKCHECK_TIMEOUT_PS publish/subscribe の使用有無チェックのタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 5 適宜  
MQS_QUICKCHECK_TIMEOUT_CLUSTER キューマネージャが WebSphere MQ クラスタの一部であるかどうかチェックするタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 5 適宜  
MQS_QUICKCHECK_TIMEOUT quickCheck スクリプトのタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 40 適宜 10以下を設定した場合はデフォルト値が設定されます。
MQS_QMGR_START_TIMEOUT キューマネージャの起動コマンド完了のタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 60 適宜  
MQS_CMDS_START_TIMEOUT コマンドサーバの起動コマンド完了のタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 30 適宜  
MQS_LISTENER_START_TIMEOUT リスナーの起動 コマンド完了のタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 30 適宜  
MQS_LISTENER_LIST_TIMEOUT リスナーの list コマンド完了のタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 10 適宜  
MQS_CHECK_TIMEOUT_ACTION サーバ接続チェック、またはクライアント接続チェックがタイムアウトになった場合のアクションを指定します。

ignore: ログに記録するが、リカバリは行わない

sendevent: ローカルリカバリを行う

ignore 適宜  
MQS_LISTENER_CHECK_DELAY リスナーの起動から、リスナー正常起動チェックを行うまでの時間を秒単位で指定します。デフォルト値で、使用状態のポートを検出するのに十分です。 整数値 2 適宜  
NO_AUTO_STORAGE_DEPS

MQ リソース階層作成の間、キューマネージャとログストレージディレクトリに、共有ストレージの確認とファイルシステムリソースの作成を行うかどうか決定します。

本パラメータを 0 に設定すると、これらのタスクが実行されます。1 に設定すると、これらのタスクを回避します。

0 または 1 0 適宜  
MQS_DSPMQVER_TIMEOUT dspmqver コマンド(WebSphere MQ のバージョンを知るために必要)のタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 5 適宜 2以下を設定した場合はデフォルト値が設定されます。
MQS_SKIP_CRT_MISSING_Q

欠落したテストキューを自動で作成するかどうかを指定します。

本パラメータを 0 に設定すると、欠落したテストキューは自動で作成されます。1 に設定すると、このプロセスはスキップされます。

0 または 1 0 適宜  
MQS_ALT_USER_NAME すべてのWebSphere MQコマンドに別のユーザーネームを使用。デフォールトでは、ユーザー”mqm”が使用される。もし設定されている場合には、ユーザーはそのプライマリーグループをグループ”mqm”に設定するか、そのグループにセカンダリーメンバーシップを持たなくてはならない。 Character string 文字列 設定されていない、もしくはユーザーが”mqm”グループにメンバーシップを持っていない場合、mqm   もし、WebSphere MQのアドオンパッケージが”mqm”以外のユーザーを必要とする場合にのみ設定

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信