ハードウェア要件

  • データストレージ。WebSphere MQ Recovery Kit は、共有ストレージと DataKeeper 製品によって提供される複製されたストレージの両方と組み合わせて使用できます。また、Network Attached Storage (NAS) と使用することもできます。

ソフトウェア要件

  • SPS ソフトウェア 。各サーバにインストールする SPS ソフトウェアおよびパッチのバージョンは同じにする必要があります。
  • LifeKeeper WebSphere MQ Recovery Kit 。WebSphere MQ v7.1 以降を実行するシステムには、WebSphere MQ Recovery Kit バージョン 7.5.1 以降が必要です。
  • LifeKeeper IP Recovery Kit 。各サーバの LifeKeeper IP Recovery Kit のバージョンは同じにする必要があります。
  • IP ネットワークインターフェース 。各サーバは、イーサーネット TCP/IP をサポートするネットワークインターフェースを 1 つ以上必要とします。IP スイッチオーバが正しく動作するには、ローカルネットワークに接続されているユーザシステムが標準の TCP/IP 仕様に準拠している必要があります。

注記: 各サーバが必要とするネットワークインターフェースが 1 つだけであっても、異種メディア要件、スループット要件、単一障害点の排除、ネットワークのセグメンテーションといった多くの理由のために、複数のインターフェースを使用すべきです。

  • TCP/IP ソフトウェア 。各サーバは TCP/IP ソフトウェアも必要とします。
  • WebSphere MQ ソフトウェア 。IBM WebSphere MQ は、別途 IBM から注文する必要があります。サポートされる WebSphere MQ のバージョンについては、SPS リリースノート を参照してください。WebSphere MQ ソフトウエアは、WebSphere MQ Recovery Kit をインストールする前にクラスタの各サーバにインストールする必要があります。WebSphere MQ Recovery Kit を正常にインストールするには、次の WebSphere MQ パッケージがインストールされている必要があります。

MQSeriesServer、MQSeriesSamples、MQSeriesClient、MQSeriesRuntime、MQSeriesSDK

IBM WebSphere MQ バージョン 7.0.1 Fix Pack 6 以降、複数のバージョンの WebSphere MQ (例: MQ バージョン 7.0.1 Fix Pack 6 と 7.1) を同一サーバ上でインストールおよび実行できるようにする新機能が導入されました。この機能 (マルチインスタンスサポート) は、WebSphere MQ Recovery Kit 9.0.1 のバージョン以降でサポートされるようになりました。マルチインスタンス機能の一部として導入された単一の IBM WebSphere MQ インストールバージョン内で複数のキューマネージャを保護する機能と、複数の IBM WebSphere MQ インストールバージョン内でキューマネージャを保護する機能、mqs.iniファイル 内での DataPath パラメータの使用は、このバージョンのリカバリキットでいずれもサポートされています。

  • オプションの C コンパイラ 。WebSphere MQ Recovery Kit には、WebSphere MQ サンプルパッケージ内の修正版 amqsget0.c サンプルプログラムが含まれています。このプログラムは、デフォルトの 15 秒のタイムアウトではなく、0 秒のタイムアウトに対応するよう修正されました。このプログラムは、キューマネージャの PUT/GET テストを実行するために使用されます。このプログラムは RPM のインストール中にコンパイルされるため、C コンパイラがインストールされ、root ユーザの PATH に配置されている必要があります。
  • Syslog.pm。 WebSphere MQ リソースで syslog ログを使用するには、Perl モジュール の Syslog.pm がインストールされている必要があります。このモジュールは、標準の Perl ディストリビューションに含まれているため、別途インストールする必要はありません。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信