本 Recovery Kit に含まれるいくつかのスクリプトには、ハングしたスクリプトを自動的に停止させるタイムアウト機能の記述が含まれています。
HANA-DEBUG は有効にも無効にもできます。 HANA_DEBUG のデフォルトは 0(無効)です。有効にするには、 /etc/default/LifeKeeper でこのパラメータを 1 に設定します。

変数名
説明
デフォルト値
HANA_DEBUG 0
HANA_START_WAIT 2700
HANA_STOP_WAIT 600
HANA_TIMEOUT LKCHECKINTERVAL の値 – 10

HANA_START_WAIT および HANA_STOP_WAIT は、コマンド
sapcontrol -nr <instance number> -function StartWait <timeout sec> <delay sec>
および
sapcontrol -nr <instance number> -function Stop <softtimeout sec>
のタイムアウトパラメータに対応しています。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信