LifeKeeper for the Linux GUIは、X Window Systemを使用します。これは各ノードにインストールする必要があります。

  • マシンにx11をインストールします。
  • 関連パッケージにx11をインストールし、以下の手順で有効化します。
  1. 関連パッケージにx11をインストールします。
# yum install  xorg-x11-server-Xorg xorg-x11-xauth -y
Last metadata expiration check: 0:00:51 ago on Wed 18 Nov 2020 12:36:11 AM UTC.
Dependencies resolved.
==================================================================================================================
 Package                         Architecture    Version                    Repository                           Size
==================================================================================================================
Installing:
 xorg-x11-server-Xorg            x86_64          1.20.8-6.el8               rhel-8-appstream-rhui-rpms          1.5 M
 xorg-x11-xauth                  x86_64          1:1.0.9-12.el8             rhel-8-appstream-rhui-rpms           39 k
(snip)
  xorg-x11-drv-libinput-0.29.0-1.el8.x86_64                 xorg-x11-drv-vesa-2.4.0-3.el8.x86_64                      
  xorg-x11-server-Xorg-1.20.8-6.el8.x86_64                  xorg-x11-server-common-1.20.8-6.el8.x86_64                
  xorg-x11-xauth-1:1.0.9-12.el8.x86_64                      xorg-x11-xkb-utils-7.7-28.el8.x86_64                      
Complete! 
  1. /etc/ssh/sshd_configX11Forwarding パラメーターをチェックして、 yesに設定されていることを確認します。yesに設定されていない場合は、ファイルを編集します。

  1. システムがX11で起動されていると仮定して、起動時にGUIセッションを開始します。そうでない場合は、このステップは無視できます。
# systemctl set-default graphical.target
Removed /etc/systemd/system/default.target.
Created symlink /etc/systemd/system/default.target → /usr/lib/systemd/system/graphical.target.
  1. マシンを再起動します。

Xauthリストを確認して、Xauthエントリーを追加する手順

  1. システムのログオンユーザーとして、“echo $DISPLAY”を使用して DISPLAY環境変数の値を取得します。
  1. システムのログオンユーザーとして“xauth list”を実行し、DISPLAY環境変数に対応する行をコピーします。(つまり、DISPLAY環境変数が“localhost:10.0”の場合は“host/unix:10”から始まる行を使用し、“localhost:11.0”の場合は“host/unix:11”から始まる行を使用します。)
  1. rootユーザーに切り替えます。
  1. xauth add <コピーした行>“を実行します。
  1. 同じ方法を使用して、rootとしてのDISPLAY環境変数がログオンユーザーと同じように設定されていることを確認します。 そうでない場合は、“export DISPLAY=<ログオンユーザーのDISPLAY環境変数>”を実行します。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信