LifeKeeper Single Server Protection (SSP) は、既存の階層を保ちながら将来のリリースにアップグレードすることができます。

注記: 最新バージョンの LifeKeeper Single Server Protection にアップグレードできるのは、2 世代前までのバージョンです。それより前のバージョンからアップグレードする場合、古いバージョンをアンインストールし、LifeKeeper Single Server Protection を再インストールする必要があります。 旧バージョンをアンインストールする代わりに、旧バージョンを 1 世代前もしくは 2 世代前のバージョンにアップグレードした上で、最新バージョンにアップグレードする方法もあります。

注記: アップグレード中に lkbackup を使用する場合の詳細については、lkbackup の既知の問題 を参照してください。

  1. 必要な場合、SSP をアップグレードする前に、Linux オペレーティングシステムをアップグレードしてください。
  1. セットアップスクリプトの操作 を参照してLifeKeeperをアップグレードします。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信