LifeKeeper 8.0 から、標準の syslog 機能を使用してログの記録が行われます。LifeKeeper では、2 つの syslog の実装 (rsyslog、および syslog-ng) をサポートしています。パッケージのインストール時には、すべての LifeKeeper ログメッセージに対して「local6」機能を使用するように syslog が設定されます(もし、local6 が既に使用されている場合は、他の local を使用します)。すべての LifeKeeper ログメッセージを /var/log/lifekeeper.log に送信する LifeKeeper 固有のルーティングを含むように、 syslog 設定ファイル (/etc/rsyslog.conf または /etc/syslog-ng/syslog-ng.conf) が変更されます。(元の設定ファイルは、「~」で終わる同じ名前を使用してバックアップされます。)

この機能は、インストール後に /opt/LifeKeeper/bin にある lklogconfig ツールを使用して変更することができます。 例えば facility を local5 に変更する場合は、以下のコマンドを実行してください。

lkstop -f
lklogconfig --action=update --facility=local5
lkstart

このツールの詳細については、LifeKeeper がインストールされているシステム上の lklogconfig(8) マニュアルページを参照してください。

Generic Applicationのリソーススクリプトが /opt/LifeKeeper/out/log に直接メッセージを送ると、LifeKeeperはデフォルトで /var/log/lifekeeper.log にERRORレベルのログメッセージを送ります。 /etc/default/LifeKeeperLOGMGR_LOGLEVEL=LK_INFO パラメータを追加すれば、ERRORレベルをINFOレベルに変更することができます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信