新規の DataKeeper インストール設定時に、ユーザーは DataKeeper サービスログオン ID とパスワードの入力を求められます。

DataKeeper サービスは、認証された接続を使用してボリュームのスイッチオーバーを実行し、複数のサーバー間でミラーロールを変更します。DataKeeper サービスを実行するために選択されたログオン ID アカウントに応じて、サーバー間の接続を確立してボリュームスイッチオーバーを実行するために使用できる権限が決まります (特にサーバーまたはネットワークの障害が発生した場合)。

以下のように、数種類のサービスログオン ID アカウントを使用できます。

  • ドメイン内の接続されたすべてのサーバーで有効な、管理者権限を持つ ドメインアカウント (推奨)
  • 接続されたすべてのサーバーで有効な、管理者権限を持つ サーバーアカウント
  • ローカルシステムアカウント (推奨しない)

Active Directory によるネットワーク接続が失われた場合、ローカルシステムアカウントはドメイン内で正常に認証できないことに注意してください。その場合、ローカルシステムアカウントではサーバー間の接続を確立できず、ネットワーク経由の DataKeeper ボリュームのスイッチオーバーコマンドは拒否されます。ネットワーク障害などの障害回復時にフォールトトレランスを要求される IT 部門では、ローカルシステムアカウントを使用しないでください。

DataKeeper のインストール – サービスログオン ID タイプの選択

上の画面でドメインアカウントまたはサーバーアカウントを選択した場合は、DataKeeper サービスログオン ID とパスワードの入力フォームが表示され、情報を入力できます。

より信頼性の高いスイッチオーバーとフェールオーバーのための、LifeKeeperとDataKeeperのサービスアカウント同期機能の提供をします。

LifeKeeper Serviceのログオン


 

すでにサービスログオン ID とパスワードを使用して DataKeeper サービスを設定している場合、サービス ID とパスワードの選択ダイアログは表示されません。ただし、管理者は、Windows サービスアプレットを使用して、DataKeeper サービスログオン ID とパスワードをいつでも変更できます。ログオン ID やパスワードを変更した後は、必ず DataKeeper サービスを再起動してください。

次の表はそれらの要件について概説しています。

環境
DataKeeper サービスの要件
DataKeeper UI の要件

同じドメイン

または

信頼されたドメイン環境

  • 同じアカウントを持つすべてのシステムで、同じ認証情報を使用して DK サービスを起動してください。

  • default = Local System Account を使用することが許可されています。

  • ドメイン管理者でログインし、DK GUI を起動してください。

  • 「run as」管理オプションを使用して DK GUI を起動してください。

ドメインサーバーとワークグループサーバーが混在した環境

または

個々のドメインサーバー

  • 各システムで同じアカウント名およびパスワードにてローカルアカウントを作成してください。

  • このローカルアカウントを Administrator グループに追加してください。

  • すべてのシステムで、ローカルアカウントを使用して DK サービスを起動してください。

  • DK サービスを起動するために作成したローカルアカウントを使用してログインしてください。

  • DK GUI を起動してください。

    すべてのサーバーに同一の ログオン ID および パスワードを使用する必要があります (関連する既知の問題 を参照)。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信