クラスターの設定を引き継いで複製する

ここでは、コミュニケーションパスとリソースが設定されたクラスターをもとに、同じ設定を持つクラスターを複製する手順を記載します。

 

構成

本ガイドでは LifeKeeper v9.5.0 を使用します。

構成は以下の2ノードのクラスターを想定し、すでに LifeKeeper の設定が完了しているクラスターと、その複製先となる LifeKeeper がインストールされたクラスターを用意してください。なお、複製先の LifeKeeper には、コミュニケーションパス・リソースが設定されていない状態にしてください。
もし複数のクラスターを用意できない場合でも、インポート直前に LifeKeeper の設定を削除することで、動作を確認することができます。

 

注意点

export コマンドでは、出力できるリソースやコミュニケーションパスに一部制限があります。手順を実行する前に、サポートされた環境であるか以下の項目を確認してください。
制限事項の詳細につきましては、 LKCLI のマニュアル をご参照ください。

  • エクスポートするクラスターのコミュニケーションパスのプロトコルが、すべてTCP/IPであることを確認してください。
# lkcli status -q
LOCAL    TAG            ID             STATE     PRIO  PRIMARY
target1  ip-10.1.6.100  ip-10.1.6.100  ISP          1  target1
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target2    TCP   10.1.6.88/10.1.6.89  ALIVE        1
  • エクスポートするクラスターのすべてのリソースが、LKCLI でサポートされている ARK であることを確認してください。なお、リソースの種類やサポートしている ARK であるかは ARK一覧 をご参照ください。
# lkcli resource info --tag ip-10.1.6.100
---
app: comm
priority: 1
properties:
  device: ens192
  ipaddr: 10.1.6.100
  netmask: 255.255.255.0
  pinglist: ''
  realip: 0
  restoremode: Disabled
  srcaddr: 0
switchback: INTELLIGENT
tag: ip-10.1.6.100
typ: ip

 

手順

target1 でコマンドを実行してください。

  1. LifeKeeper の設定が完了しているクラスターで、現在の設定をファイルに保存します。
[target1]# lkcli export > src_settings.yml
  1. エクスポートされたファイルを複製先のクラスターにコピーします。

target3 でコマンドを実行してください。

  1. エクスポートされたファイルの IP アドレスとホスト名を複製先の環境にあわせて書き換えてください。
[target3]# sed -e "s/10\.1\.6\.88/10\.1\.6\.90/" -e "s/target1/target3/" -e "s/10\.1\.6\.89/10\.1\.6\.91/" -e "s/target2/target4/" src_settings.yml > dest_settings.yml
  1. LifeKeeper の複製先のクラスターでコミュニケーションパス・リソースがまだつくられていないことを確認します。なおリソースの確認は、クラスター内のすべてのノードで確認してください。
    もしコミュニケーションパス・リソースが存在する場合は lkcli clean --mode all ですべて削除することができます。なお、clean コマンドを実行すると、設定を元に戻すことはできませんのでご注意ください。
[target3]# lkcli status -q
LOCAL    TAG   ID    STATE     PRIO  PRIMARY

target3・target4 でコマンドを実行してください。

  1. LifeKeeper の複製先でコミュニケーションパスをインポートして、コミュニケーションパスが作成されることを確認します。なおこのコマンドは、クラスター内のすべてのノードで実行してください。
# lkcli import commpath --file dest_settings.yml
Performing commpath 'target3:10.1.6.90/10.1.6.91' create...
Commpath 'target3:10.1.6.90/10.1.6.91' created successful.
# lkcli status -q
LOCAL    TAG   ID    STATE     PRIO  PRIMARY
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target4    TCP   10.1.6.90/10.1.6.91  ALIVE        1

※ コミュニケーションパスのステータスは、2つのノード間で双方向に作成されたとき ALIVE となります。

  1. LifeKeeper の複製先でリソースをインポートして、リソースが作成されることを確認します。なおこのコマンドは、クラスター内で1度だけ実行してください。
# lkcli import resource --file settings.yml
BEGIN create of "ip-10.1.6.100"
LifeKeeper application=comm on target1.
LifeKeeper communications resource type= ip on target1.
Creating resource instance with id ip-10.1.6.100 on machine target1
Resource successfully created on target1
BEGIN restore of "ip-10.1.6.100"
END successful restore of "ip-10.1.6.100"
END successful create of "ip-10.1.6.100".
Removing ping list for subnet 172.31.0.0...
Performing restoremode change ...
 
restoremode change successful.
Building independent resource list
Checking existence of extend and canextend scripts
Checking extendability for ip-10.1.6.100
Pre Extend checks were successful
Extending resource instances for ip-10.1.6.100
Creating dependencies
Setting switchback type for hierarchy
Creating equivalencies
LifeKeeper Admin Lock (ip-10.1.6.100) Released
Hierarchy successfully extended
Removing ping list for subnet 172.31.0.0...
  1. コミュニケーションパスとリソースが作成されていることを確認します。
# lkcli status -q
LOCAL    TAG              ID           STATE     PRIO  PRIMARY
target3  ip-10.1.6.100  ip-10.1.6.100  ISP          1  target3
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target4  TCP     10.1.6.90/10.1.6.91  ALIVE        1

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信