1. 仮想 IP を作成し(先のステップでノード 1 で実施済み)、拡張します(先のステップで実施済み)。
  1. EC2 リソースを作成し、仮想 IP の依存関係を作成します(先のステップで実施済み)。
  1. 「仮想 IP」に基づく「仮想ホスト名」のノード 1 に SAP をインストールします。
  1. ノード 1 で stopsap を実行します。
  1. LifeKeeper GUI を使用して仮想 IP をノード 2 で「In-Service」にし、「仮想 IP」に基づく「仮想ホスト名」のノード 2 に SAP をインストールします。
  1. ノード 2 で Stopsap を実行し、両方のノードでプロファイルファイルを変更します(下記参照)。
  1. LifeKeeper GUI を使用して仮想 IP をノード 1 で「In-Service」に戻します。
  1. SAP コンサルタントのアドバイスに従って、SAP に必要なマウントポイントのレプリケーションリソースを作成します(先のステップで実施済み)。
  1. ノード 1 で startsap を実行し、SAP が正常に稼働していることを確認します。
  1. 両方のノードの /etc/default/LifeKeeper で、次のエントリを最後に追加します。

SAP_EXPERTMODE=1

SAP_NFS_CHECK_IGNORE=1

SAP_DB_CHECK_IGNORE=1

  1. SPS セットアッププログラムを再実行して、SAP Recovery Kit を追加します。

次のコマンドを使用して sps.img ファイルをマウントします(前述の手順に従ってダウンロードしてください):

mount <PATH/IMAGE_NAME> <MOUNT_POINT> -t iso9660 -o loop

PATH:イメージへのパス

IMAGE_NAME:イメージ名

MOUNT_POINT:マウントする場所へのパス

マウントされた sps.img ディレクトリに移動し、次のように入力します:

./setup

Recovery Kit Selection Menu から SAP Recovery Kit をインストールしてください。SAP の Recovery Kit を選択するには、矢印キーを使用して選択して <スペースバー>を押して決定し、<Enter>を押してインストールを続行します。

  1. NFS サーバーをセットアップします。
  1. ファイルシステムを SAP サーバーにコピーし、冗長化とフェールオーバーのために、ファイルシステムにレプリケーションリソースを作成します。
  1. NFS Recovery Kit のガイド に従って、NFS リソースを作成します。

こちら では簡略化した手順を説明します。

  1. SAP Recovery Kit のガイド に従って、SAP リソースを作成します。

こちら では簡略化した手順を説明します。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信