LifeKeeper for Linux v9 サポートストレージ一覧

最終更新日: 2020/4/2

下記の表は、LifeKeeper for Linuix v9環境でご利用いただくことができる、認定済の共有ストレージの一覧表です。ハードウェアの構成検討にご利用ください。

認定済み共有ストレージについて

LifeKeeperの共有ストレージとして利用するストレージは、種類によって認定が必要なものと不要なものがあります。

SCSI / FC / iSCSI / SAS など、LifeKeeperがSCSI-2/3 Reservationを用いてIOフェンシングを行うことが前提となる、複数ノードで同一のデータを参照する共有ストレージは認定されたものをご利用いただく必要があります。下記の表に記載があるかをご確認ください。

またQuorum/Witness Server Kitを利用してSCSI-2/3 によるReservationを行わないことが利用前提となっているストレージについても、同じく認定が必要です。表でのご確認をお願いいたします。

認定が不要な構成

以下の構成においては、ストレージ認定がございません。

  • NASストレージ(NAS RecoveryKitが必要です)
  • DataKeeperによるDataReplicationを構成するディスク装置全般(内蔵、外付けを問いません)

ご利用いただけないハードウェア

USBやIEEE1394などで接続する、コンシューマー向けストレージの利用はサポートされません。

DELL

ベンダー名
(*1)
ストレージモデル名
バスタイプ
接続構成
(*2)
サポート可否
必要なARK(*3)
(マルチパスARK等)
サポートする
LKのバージョン(*4)
注意事項
DELL
Dell EqualLogic:
PS4100
PS4110
PS4210
PS6100
PS6110
PS6210
PS6610
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1

LUN 数が多い場合 (20 以上) は、 /etc/default/LifeKeeperREMOTETIMEOUT 設定を REMOTETIMEOUT=600 に変更してください。

Single Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
MD3800f
MD3820f
MD3860f
FC
vSphere (RDM)
No
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
MD3800i
MD3820i
MD3860i
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path
No
MD3400
MD3420
MD3460
SAS
vSphere (RDM)
No
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
SCv3000 Series:
SCv3000
SCv3020
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path
No
SAS
vSphere
No
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
SCv2000 Series:
SCv2000
SCv2020
SCv2080
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path
No
SAS
vSphere
No
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
Dell Storage:
SC7020
SC5020
SC4020
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path
No
Dell Compellent:
SC9000
SC8000
FC
vSphere (RDM)
No
-
Multi Path (DMMP)
No
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path
No

Fujitsu

ベンダー名
(*1)
ストレージモデル名
バスタイプ
接続構成
(*2)
サポート可否
必要なARK(*3)
(マルチパスARK等)
サポートする
LKのバージョン(*4)
注意事項
Fujitsu
ETERNUS:
DX60 S2
DX80 S2
DX90 S2
DX410 S2
DX440 S2
DX8100 S2
DX8700 S2
DX60 S3
DX100 S3
DX200 S3
DX500 S3
DX600 S3
DX8700 S3
DX8900 S3
DX200F
DX60 S4
DX100 S4
DX200 S4
DX500 S4
DX600 S4
DX60 S5
DX100 S5
DX200 S5
DX500 S5
DX600 S5
DX900 S5
AF250
AF650
AF250 S2
AF650 S2
AF250 S3
AF650 S3
DX8900 S4
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
ETERNUSをBootデバイスとして使用した場合、プライマリノードからのBootデバイスアクセスが不可となったときに、ファイルシステムエラーが発生し、セカンダリノードへ切り替わらない可能性があります。 
対応として、以下のようにファイルシステムエラー時にパニックするように設定してください。 
例:xfsの場合は下記を設定後サーバをリブートしてください。echo ‘fs.xfs.panic_mask=127’ > /etc/sysctl.d/01-xfs.conf
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Multi Path (EMPD)
YES
No Multipath ARK
Single Path
YES
No Multipath ARK
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (EMPD)
YES
No Multipath ARK
Single Path
YES
No Multipath ARK

Hitachi / Hitachi Vantara

ベンダー名
(*1)
ストレージモデル名
バスタイプ
接続構成
(*2)
サポート可否
必要なARK(*3)
(マルチパスARK等)
サポートする
LKのバージョン(*4)
注意事項
Hitachi / Hitachi Vantara
Hitachi Virtual Storage Platform G1000
Hitachi Virtual Storage Platform G1500
Hitachi Virtual Storage Platform F1500
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (HDLM)
YES
HDLM ARK
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
YES
ISCSI
Multi Path (HDLM)
No
-
Single Path
No
Hitachi Virtual Storage Platform
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (HDLM)
YES
HDLM ARK
Single Path
YES
ISCSI
Multi Path (HDLM)
No
-
Single Path
No
Hitachi Virtual Storage Platform Mid Range Family:
Hitachi Virtual Storage Platform F900 (VSP F900)
Hitachi Virtual Storage Platform F700 (VSP F700)
Hitachi Virtual Storage Platform F370 (VSP F370)
Hitachi Virtual Storage Platform F350 (VSP F350)
Hitachi Virtual Storage Platform G900 (VSP G900)
Hitachi Virtual Storage Platform G700 (VSP G700)
Hitachi Virtual Storage Platform G370 (VSP G370)
Hitachi Virtual Storage Platform G350 (VSP G350)
Hitachi Virtual Storage Platform G150 (VSP G150)
Hitachi Virtual Storage Platform G130 (VSP G130)
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (HDLM)
YES
HDLM ARK
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
YES
No Multipath ARK
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path
YES
No Multipath ARK
Hitachi Virtual Storage Platform Mid Range Family:
Hitachi Virtual Storage Platform F800 (VSP F800)
Hitachi Virtual Storage Platform F600 (VSP F600)
Hitachi Virtual Storage Platform F400 (VSP F400)
Hitachi Virtual Storage Platform G800 (VSP G800)
Hitachi Virtual Storage Platform G600 (VSP G600)
Hitachi Virtual Storage Platform G400 (VSP G400)
Hitachi Virtual Storage Platform G200 (VSP G200)
Hitachi Virtual Storage Platform G100 (VSP G100)
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (HDLM)
YES
HDLM ARK
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
YES
No Multipath ARK
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path
YES
No Multipath ARK
Hitachi Unified Storage VM (HUS VM)
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (HDLM)
YES
HDLM ARK
Single Path
YES
No Multipath ARK
ISCSI
Multi Path (HDLM)
No
-
Single Path
No
Hitachi Unified Storage 100 Series:
Hitachi Unified Storage 150 (HUS 150)
Hitachi Unified Storage 130 (HUS 130)
Hitachi Unified Storage 110 (HUS 110)
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (HDLM)
YES
HDLM ARK
Single Path
YES
No Multipath ARK
ISCSI
Multi Path (HDLM)
No
-
Single Path
No

Hitachi

ベンダー名
(*1)
ストレージモデル名
バスタイプ
接続構成
(*2)
サポート可否
必要なARK(*3)
(マルチパスARK等)
サポートする
LKのバージョン(*4)
注意事項
Hitachi
BR1200
ISCSI
Multi Path (HDLM)
No
-
Multi Path (DMMP)
No
Single Path
No
SAS
Multi Path (RDAC)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1

シングルパスとマルチパスのいずれの場合もRDACドライバを使用する必要があります。
HDLMおよびHDLM ARKを使用する構成はサポートされません。

Single Path (RDAC)
YES
No Multipath ARK
BR1250
ISCSI
Multi Path (HDLM)
No
-
Multi Path (DMMP)
No
Single Path
No
SAS
Multi Path (NECSPS)
YES
NEC SPS ARK
v9.0 – v9.4.1

シングルパスとマルチパスのいずれの場合もSPS NEC iStorage StoragePathSavior (NECSPS) Recovery Kitを使用する必要があります。
HDLMおよびHDLM ARKを使用する構成はサポートされません。

SPS NEC iStorage StoragePathSavior (NECSPS) Recovery KitをRHEL7系環境で使用する場合は、
LifeKeeper for Linux v9.1以上をご使用ください。

Single Path (NECSPS)
YES
NEC SPS ARK
BR1650E
BR 1650S
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (HDLM)
YES
HDLM ARK
Single Path
YES
ISCSI
Multi Path (HDLM)
No
-
Single Path
No

HPE

ベンダー名
(*1)
ストレージモデル名
バスタイプ
接続構成
(*2)
サポート可否
必要なARK(*3)
(マルチパスARK等)
サポートする
LKのバージョン(*4)
注意事項
HPE
Nimble Storage:
AF20
AF20Q
AF40
AF60
AF80
AF1000
AF3000
AF5000
AF7000
AF9000
CS1000H
CS1000
CS3000
CS5000
CS7000
HF20C
HF20H
HF20
HF40
HF60
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK v9.2.2 – v9.4.1
Single Path
No
3PAR:
3PAR StoreServ 8200
3PAR StoreServ 8400
3PAR StoreServ 8440
3PAR StoreServ 8450
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
3PAR:
3PAR StoreServ 7400
3PAR StoreServ 7400c
3PAR StoreServ 7440
3PAR StoreServ 7440c
3PAR StoreServ 7450
3PAR StoreServ 7450c
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1

注記: デフォルトのパスチェッカとのリザベーション競合を返します。
この競合を回避するには、/etc/default/LifeKeeper 内に次のパラメータを設定 (追加) してください。
DMMP_REGISTRATION_TYPE=hba

およびユーザーフレンドリーデバイスマッピングはサポートされません。
“multipath.conf” に次のパラメータを設定してください。
“user_friendly_names no”
*vSphere(RDM)で使用する場合は、上記の設定は必要ありません。

Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1

注記: リザベーション競合を返す場合があります。
この競合を回避するため、/etc/default/LifeKeeper 内に次のパラメータを設定 (追加) してください。
DMMP_REGISTER_IGNORE=TRUE

Single Path
No
3PAR:
3PAR StoreServ 7200
3PAR StoreServ 7200c
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1

注記: デフォルトのパスチェッカとのリザベーション競合を返します。
この競合を回避するには、/etc/default/LifeKeeper 内に次のパラメータを設定 (追加) してください。
DMMP_REGISTRATION_TYPE=hba

Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
3PAR:
3PAR StoreServ 9450
3PAR StoreServ 20800 R2
3PAR StoreServ 20840 R2
3PAR StoreServ 20850 R2
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.2.1 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
3PAR:
3PAR StoreServ 20450
3PAR StoreServ 20800
3PAR StoreServ 20840
3PAR StoreServ 20850
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.1 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
3PAR StoreServ 10400
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
3PAR StoreServ 10800
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1

注記: デフォルトのパスチェッカとのリザベーション競合を返します。
この競合を回避するには、/etc/default/LifeKeeper 内に次のパラメータを設定 (追加) してください。
DMMP_REGISTRATION_TYPE=hba

およびユーザーフレンドリーデバイスマッピングはサポートされません。
“multipath.conf” に次のパラメータを設定してください。
“user_friendly_names no”
*vSphere(RDM)で使用する場合は、上記の設定は必要ありません。

Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
MSA:
MSA2050
MSA2052
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.2 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.2 – v9.4.1
Single Path
No
SAS vSphere (RDM)
No
-
Multi Path (DMMP)
No
Single Path
No
MSA:
MSA2042
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.1 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.1 – v9.4.1
Single Path
No
SAS vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.1 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
MSA:
MSA1040
MSA2040
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path
No
SAS vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
StoreVirtual (LeftHand) Series
LeftHand OS version 12.6
FC
vSphere (RDM)
No
-
LifeKeeper for Linux は HPE 社 StoreVirtual(LeftHand) ストレージのOS(SAN/iQ)バージョン 12.6 をサポートします。
本バージョンのOSが使われている全ての StoreVirtualシリーズ(HC250/HC380を含む)がサポート対象であり、仮想ストレージ・アプライアンスである StoreVirtual VSAも含まれます。
利用可能な仮想ストレージ・アプライアンスについての詳細は各OS(SAN/iQ) バージョンのリリースノートをご確認ください。
Multi Path (DMMP)
No
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
v9.1 – v9.4.1
Single Path
No
HP P9500
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
YES
No Multipath ARK
XP7 Storage System
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (HDLM)
YES
HDLM ARK
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
YES
No Multipath ARK

IBM

ベンダー名
(*1)
ストレージモデル名
バスタイプ
接続構成
(*2)
サポート可否
必要なARK(*3)
(マルチパスARK等)
サポートする
LKのバージョン(*4)
注意事項
IBM
IBM SAN Volume Controller *
* IBM TotalStorage Proven
FC
vSphere (RDM)
No
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
YES
No Multipath ARK
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
IBM Storwize V7000
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
YES

DMMP ARK

Quorum/Witness Server Kit

v9.0 – v9.4.1

パートナーテストによりiSCSI (iscsi-initiator-utils-6.2.0.872-34.el6.x86_64) と DMMP (device-mapper-1.02.66-6.el6、device-mapper-multipath-0.4.9-46.el6) を使用する IBM Storwize V7000 (Firmware Version 6.3.0.1)を 認定しています。
テストは、LifeKeeper for Linux v7.5 と RHEL 6.2 を使用して行われました。

制限事項: IBM Storwize V7000をiSCSI接続で利用する場合は、LifeKeeper側のReservationを無効とした上で、Quorum/Witness Server KitおよびSTONITHを適用する必要があります。
具体的な構成方法についてはご利用中のLifeKeeperのバージョン用のオンラインマニュアルにてご確認ください。
http://jpdocs.us.sios.com/

Single Path
No
IBM Storwize V3700
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
SAS
vSphere (RDM)
No
-
Multi Path (DMMP)
No
Single Path
No
IBM XIV Storage System
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
LifeKeeper を使用する IBM XIV Storage System で 32 個以上の LUN を作成する必要がある場合、
詳細については IBM の営業担当者にお問い合わせください。
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No

Lenovo

ベンダー名
(*1)
ストレージモデル名
バスタイプ
接続構成
(*2)
サポート可否
必要なARK(*3)
(マルチパスARK等)
サポートする
LKのバージョン(*4)
注意事項
Lenovo
Lenovo Storage V3700 V2
Lenovo Storage V3700 V2 XP
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
SAS
vSphere (RDM)
No
-
Multi Path (DMMP)
No
Single Path
No
IBM Storwize V3700
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
SAS
vSphere (RDM)
No
-
Multi Path (DMMP)
No
Single Path
No

NEC

ベンダー名
(*1)
ストレージモデル名
バスタイプ
接続構成
(*2)
サポート可否
必要なARK(*3)
(マルチパスARK等)
サポートする
LKのバージョン(*4)
注意事項
NEC
NEC iStorage:
M10e
M11e
M100
M110
M300
M12e
M120
M320
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
SPS NEC iStorage StoragePathSavior (NECSPS) Recovery KitをRHEL7系環境で使用する場合はLifeKeeper for Linux v9.1以上をご使用ください。
Multi Path (NECSPS)
YES
NECSPS ARK
Single Path (NECSPS)
YES
NECSPS ARK
ISCSI
Multi Path (NECSPS)
YES
NECSPS ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path (NECSPS)
No
SAS
vSphere (RDM)
No
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (NECSPS)
YES
NECSPS ARK
Single Path (NECSPS)
YES
NECSPS ARK
NEC iStorage:
M310
M310F
M320F
M500
M510
M700
M710
M710F
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (NECSPS)
YES
NECSPS ARK
Single Path (NECSPS)
YES
NECSPS ARK
ISCSI
Multi Path (NECSPS)
YES
NECSPS ARK
v9.0 – v9.4.1
Single Path (NECSPS)
No

Pure Storage

ベンダー名
(*1)
ストレージモデル名
バスタイプ
接続構成
(*2)
サポート可否
必要なARK(*3)
(マルチパスARK等)
サポートする
LKのバージョン(*4)
注意事項
Pure Storage
FA-400 Series
FC
vSphere (RDM)
YES
No Multipath ARK
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
ISCSI
Multi Path (DMMP)
No
-
Single Path
No
FlashArray//m Series
//m10
//m20
//m50
//m70
FC
vSphere (RDM)
No
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
FlashArray//x Series
//x10
//x20
//x50
//x70
FC
vSphere (RDM)
No
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
FlashArray//x Series
//X10R2
//X20R2
//X50R2
//X70R2
//X90R2
FC
vSphere (RDM)
No
v9.3.2 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No
iSCSI
vSphere (RDM)
No
v9.0 – v9.4.1
Multi Path (DMMP)
YES
DMMP ARK
Single Path
No

(*1): EMCストレージのご利用に関して

LifeKeeperはE-Labの認定を取得しております。EMC社のストレージのサポート状況については下記のマトリクスをご参照ください。
http://www.emc.com/interoperability

(*2): 接続構成の説明

vSphere (RDM) VMWare ESXサーバーで共有ディスクをRaw Device Mapping (RDM)で接続した構成 (*5)
Multi Path (DMMP) Device Mapper Multipathを使用した共有ディスクのマルチパス構成
Multi Path (EMPD) ETERNUS Multipath Driverを使用した共有ディスクのマルチパス構成
Multi Path (HDLM) Hitachi Dynamic Link Managerを使用した共有ディスクのマルチパス構成
Multi Path (RDAC) IBM Redundant Disk Array Controllerを使用した共有ディスクのマルチパス構成
Multi Path (NECSPS) iStorage StoragePathSaviorを使用した共有ディスクのマルチパス構成
Single Path (DMMP) Device Mapper Multipath を使用した共有ディスクのシングルパス構成
Single Path (RDAC) IBM Redundant Disk Array Controller を使用した共有ディスクのシングルパス構成
Single Path 特別なマルチパスドライバを用いないシングルパス接続

(*3): マルチパスソフトウェアに関して

マルチパスソフトウェアの接続情報については必ず各ベンダーのサポート情報をご確認ください
マルチパスソフトウェアとLifeKeeperの対応の詳細は、リリースノートでご確認ください

(*4): サポートするLifeKeeperのバージョンに関して

このドキュメントは、LifeKeeper for Linux v9を対象としています。
以前のバージョンのサポートストレージにつきましては、各バージョンのリリースノートをご確認ください。

(*5): VMware vSphereでの共有ディスクの利用について

以下のURLにある、VMware vSphere上で共有ディスクを利用する際の構成ガイドをご確認ください。
https://lkdkuserportal.sios.jp/hc/ja/articles/360037730991

表のiSCSI接続に関する記載は物理環境とvSphere環境で共通です。その為、バスタイプ “iSCSI” の接続構成の項目に “vSphere” の掲載は行っていません。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信