SPS for Linux は、既存の階層を保ちながら将来のリリースにアップグレードすることができます。この情報をよく検討して、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えるようにしてください。

  1. クラスタをアップグレードする場合、そのアップグレードされるサーバからすべてのアプリケーションを切り替えてください。この操作を実行するには、手動で行うか、またはLifeKeeperのシャットダウンストラテジーを 「Switchover」 に設定します。これにより、LifeKeeper が停止したり、サーバがシャットダウンしたときにアプリケーションが切り替えられます。
  1. 必要な場合、SPS をアップグレードする前に、Linux オペレーティングシステムをアップグレードしてください。オペレーティングシステムのアップグレードを実行する前に、アップグレードするサーバのすべてのリソースを拡張解除することをお勧めします。
  1. セットアップスクリプトの操作 を参照してLifeKeeperをアップグレードします
  1. アップグレードされたサーバにすべてのアプリケーションを切り替えてください。
  1. この手順を SPS クラスタ内のアップグレード対象の各サーバに対して実行します。


OS をアップグレードする際の注意点

OS をアップグレードする際には、現在インストールされている LifeKeeper がアップグレード後の OS をサポートしているかを確認する必要があります。サポートしていない場合は、LifeKeeper のアップグレードも必要になります。 サポート対象のオペレーティングシステム を参照して確認してください。

OS をアップグレードする前に、lkbackup コマンドにて LifeKeeper 設定のバックアップを実施することを推奨します。

  1. クラスタをアップグレードする場合、そのアップグレードされるサーバからすべてのアプリケーションを切り替えてください。この操作を実行するには、手動で行うか、または LifeKeeper のシャットダウンストラテジーを「Switchover」に設定します。これにより、LifeKeeper が停止したり、サーバがシャットダウンしたときにアプリケーションが切り替えられます
  1. LifeKeeper を停止させてください
  1. OS アップグレードを実施して、OS を再起動してください
  1. LifeKeeperのアップグレードが必要な場合は、LifeKeeperのアップグレードを実施してください。
    LifeKeeper のアップグレード手順については、SPS のアップグレード を参照してください。
    アップグレードを実施しない場合は、setup を再実行して新しいOSに対応した設定を行ってください。
  1. LifeKeeper を起動してください
  1. アップグレードされたサーバにすべてのアプリケーションを切り替えてください
  1. この手順を SPS クラスタ内の全てのサーバに対して実行します

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信