エンキューレプリケーションサーバー バージョン1からエンキューレプリケーションサーバー バージョン2にアップグレードするには、まずSAPカーネルバージョンがERSv2をサポートしていることを確認してから、次の手順を実行します。

  1. ENSAv1からENSAv2へのアップグレード の指示に従って、ENSAv2を使用するようにASCSインスタンスをアップグレードします。SAPでは混合バージョン構成はサポートしていないため、同じバージョンのスタンドアロンエンキューサーバーおよびエンキューレプリケーションサーバーを使用する必要があります。詳細については、ENSAv2/ERSv2のSAPドキュメントを参照してください。
  1. ERSインスタンスの仮想IPと共有ファイルシステムをセットアップします。またLifeKeeperで、対応する仮想IPおよびファイルシステムのリソース階層を作成します。これらは、ERSリソースの再作成中にステップ9で使用します。 注記: これらのLifeKeeperリソースは、対応するASCSインスタンスが現在Standby(OSU)であるノード上でActive(ISP)である必要があります。
  1. デフォルトプロファイル(通常 /usr/sap/<SID>/SYS/profile/DEFAULT.PFL にあります)で以下のパラメーターを設定します。これらのパラメーターは、すべてのインスタンスで同じにする必要があります。

      enq/enable=TRUE
      enq/serverhost=<ASCS instance host>
      enq/serverinst=<ASCS instance number>
      enq/replicatorhost=<ERS instance host>
      enq/replicatorinst=<ERS instance number>
      enque/process_location=REMOTESA
  1. ASCSインスタンスプロファイル(通常 /usr/sap/<SID>/SYS/profile/<SID>_ASCS<No>_<VIP> にあります)で、次のパラメーターを設定します。

      enq/server/replication/enable = true
      _ES2 = es2.sap$(SAPSYSTEMNAME)_$(INSTANCE_NAME)
      Execute_01 = local rm -f $(_ES2)
      Execute_02 = local ln -s -f $(DIR_EXECUTABLE)/enq_server$(FT_EXE) $(_ES2)
      Start_Program_01 = local $(_ES2) pf=$(_PF)
    注記: Execute_* およびRestart_Program_* パラメーターに使用される番号は、このプロファイルでそのパラメーターにまだ使用されていない最初の番号である必要があります。
  1. ASCSインスタンスプロファイル(通常 /usr/sap/<SID>/SYS/profile/<SID>_ERS<No>_<VIP> にあります)で、次のパラメーターを設定します。

      _ER2 = er2.sap$(SAPSYSTEMNAME)_$(INSTANCE_NAME)
      Execute_01 = local rm -f $(_ER2)
      Execute_02 = local ln -s -f $(DIR_EXECUTABLE)/enq_replicator$(FT_EXE) $(_ER2)
      Start_Program_01 = local $(_ER2) pf=$(_PF)
    注記: Execute_* およびRestart_Program_* パラメーターに使用される番号は、このプロファイルでそのパラメーターにまだ使用されていない最初の番号である必要があります。
  1. デフォルト、ASCS、およびERSインスタンスプロファイルのパラメーターを設定した後、次のコマンドを実行して、ASCSおよびERSインスタンスのSAP Start Serviceを再起動します(<sid>を小文字のSAP SIDに、<SID>を大文字のSAP SIDに置き換えます)。


    su – <sid >adm -c "sapcontrol -host <ASCS VIP> -nr <ASCS Inst#> -function RestartService <SID>"
    su – <sid >adm -c "sapcontrol -host <ERS VIP> -nr <ERS Inst#> -function RestartService <SID>"

  1. アップグレードする必要のあるLifeKeeperに既存のERSリソースがない場合は、手順9に進んでください。それ以外の場合は、リソースを右クリックして [Delete Dependency….] を選択し、LifeKeeperのERSリソースのすべての依存関係を削除します。すべての依存関係を削除するには、 [Delete Dependency…] を何度か選択する必要がある場合があります。依存関係を削除すると、次の図に示すように、ERSリソースは子の依存関係やそれに依存する他のリソースを持たず、単独の階層に存在するようになります。
  1. LifeKeeperの階層パネルでERSリソースを右クリックし、 [Delete Resource Hierarchy…] を選択します。 ターゲットサーバー として任意のサーバーを選択し、 [Next] をクリックします。 [Delete] をクリックして、すべてのノードのERSリソースを削除します。 警告: 前のステップでERSリソースとSAP階層内の他のリソース間のすべての依存関係が正常に削除できなかった場合、 このステップによってSAP階層全体が削除される可能性があります。
  1. すべてのノードでERSリソースを正常に削除したら、「 SAPインストール→SAP階層の作成 」の「ERSリソースの作成」セクションの指示に従って、新しいERSリソースを作成し、目的のクラスターノードに拡張します。ERSリソースの作成中に、手順2で作成した仮想IPおよび依存ファイルシステムリソースを選択します(該当する場合)。選択すると、これらのリソースはERS階層に子の依存関係として自動的に追加されます。
  1. ERSリソースが拡張されたすべてのクラスターノードで、 ファイル/opt/LifeKeeper/subsys/appsuite/resources/sap/INFO_<ERS Tag> を編集し、SAPENQREP_VERSION=2であることを確認します。INFOファイルにSAPENQREP_VERSIONの値が含まれていない場合、行「SAPENQREP_VERSION=2」を追加する必要があります。
  1. SAPシステムを再起動します。ERSインスタンスが再起動すると、enrepserver(ERSv1)プロセスではなく、enq_replicator(ERSv2)プロセスが使用されます。これは、LifeKeeperでERSリソースを右クリックし、 [Properties…] を選択することで確認できます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信