スタンドアロンエンキューサーバー バージョン1からスタンドアロンエンキューサーバー バージョンバージョン2にアップグレードするには、まずSAPカーネルバージョンがENSAv2をサポートしていることを確認してから、次の手順を実行します。

  1. デフォルトプロファイル(通常は /usr/sap/<SID>/SYS/profile/DEFAULT.PFL にあります)で以下のパラメーターを設定します。これらのパラメーターは、すべてのインスタンスで同じにする必要があります。

      enq/enable=TRUE
      enq/serverhost=<ASCS instance host>
      enq/serverinst=<ASCS instance number>
      enque/process_location=REMOTESA
  1. ASCSインスタンスプロファイル(通常 /usr/sap/<SID>/SYS/profile/<SID>_ASCS<No>_<VIP> にあります)で、次のパラメーターを設定します。

      _ES2 = es2.sap$(SAPSYSTEMNAME)_$(INSTANCE_NAME)
      Execute_01 = local rm -f $(_ES2)
      Execute_02 = local ln -s -f $(DIR_EXECUTABLE)/enq_server$(FT_EXE)
      Restart_Program_01 = local $(_ES2) pf=$(_PF)

      注記: Execute_* およびRestart_Program_* パラメーターに使用される番号は、このプロファイルでそのパラメーターにまだ使用されていない最初の番号である必要があります。
  1. デフォルトおよびASCSインスタンスプロファイルでパラメーターを設定した後、次のコマンドを実行してASCSインスタンスのSAP Start Serviceを再起動します(<sid>を小文字のSAP SIDに、<SID>を大文字のSAP SIDに置き換えます)。
      su - <sid>adm -c "sapcontrol -nr <ASCS Inst#> -function RestartService <SID>"
  1. ASCSリソースが拡張されているすべてのクラスターノードで、 ファイル/opt/LifeKeeper/subsys/appsuite/resources/sap/INFO_<ASCS Tag> を編集し、SAPENQ_VERSION=2であることを確認します。INFOファイルにSAPENQ_VERSIONの値が含まれていない場合、行「SAPENQ_VERSION=2」を追加する必要があります。
  1. SAPシステムを再起動します。ASCSインスタンスが再起動すると、enserver(ENSAv1)プロセスではなくenq_server(ENSAv2)プロセスが使用されます。これは、LifeKeeperでASCSリソースを右クリックし、 [Properties…] を選択することで確認できます。

    注記: 対応するERSリソースのERSv1からERSv2へのアップグレードが完了するまで、システムのエンキューレプリケーションステータスにはActiveと表示されません。詳細については、ERSv1からERSv2へのアップグレード を参照してください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信