アクティブ / アクティブ設定では、障害時、他の LifeKeeper サーバに対するバックアップとして各サーバがアクティブに 1 つまたは複数の Sybase ASE サーバを実行します。以下に、アクティブ / アクティブ設定で Sybase ASE リソースインスタンスを保護する場合に、順を追って従わなければならない具体的な要件を示します。

シナリオ 1

Sybase ASE 製品は、クラスタ内のすべてのサーバにローカルでインストールされている。

  • すべての Sybase Adaptive Server、Monitor Server、Backup Server デバイスは、共有ストレージ上に設定されている。
  • Sybase Adaptive Server、Monitor Server、Backup Server の設定ファイルは、共有ファイルシステム上に格納されている。
  • Sybase Adaptive Server と Monitor Server の共有メモリディレクトリは、共有ファイルシステム上に置かれている。
  • interfaces ファイルは、保護対象の各インスタンスに対する共通のエントリを含むよう、すべてのサーバ上で手動で更新しなければならない。
  • すべての interfaces ファイルエントリは、リソースが保護されるすべてのサーバ上で解決可能でなければならない。
  • 各 Adaptive Server、Monitor Server、Backup Server 用の RUN ファイルは、クラスタ内のすべてのサーバ上に存在しなければならない。
  • 各 Adaptive Server、Monitor Server、Backup Server 用の RUN ファイルは、クラスタ内のすべてのサーバ上で実行可能でなければならない。
  • 各 Adaptive Server、Monitor Server、Backup Server 用の RUN ファイルは、クラスタ内のすべてのサーバ上で同一のオプションを含んでいなければならない。

シナリオ 2

Sybase ASE 製品は、プライマリサーバ上の 1 つまたは複数の共有ファイルシステムにインストールされている。

  • すべての Sybase Adaptive Server、Monitor Server、Backup Server デバイスは、共有ストレージ上に設定されている。
  • Sybase Adaptive Server、Monitor Server、Backup Server の設定ファイルは、共有ファイルシステム上に格納されている。
  • Sybase Adaptive Server と Monitor Server の共有メモリディレクトリは、共有ファイルシステム上に置かれている。
  • interfaces ファイルは、ターゲットサーバで更新する必要はない。
  • すべての interfaces ファイルエントリは、リソースが保護されるすべてのサーバ上で解決可能でなければならない。
  • LifeKeeper Backup Server において、/etc/ld.so.conf にSybase 製品ライブラリのエントリを追加して更新する必要がある。
    º $SYBASE/ASE/lib のエントリを追加する。
    º $SYBASE/OCS/lib のエントリを追加する。
    º Sybase ASE インストール済み製品を含む共有ファイルシステムをマウントして、ldconfig を実行する。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信