シャットダウンストラテジーは、サーバがシャットダウンするときにバックアップサーバにリソースをスイッチオーバするかどうかを制御する LifeKeeper の設定オプションです。以下のオプションがあります。

Do Not Switch Over Resources (デフォルト) LifeKeeper は、正常なシャットダウンではバックアップサーバのリソースを起動しません。
Switch Over Resources LifeKeeper は、正常なシャットダウンでバックアップサーバのリソースを起動します。

シャットダウンストラテジーは、デフォルトでは「Do Not Switch Over Resources」に設定されています。クラスタ内の各サーバでどちらのストラテジーを使用するかを決定し、必要に応じてシャットダウンストラテジーを「Switch Over Resources」に変更してください。

クラスタ内の各サーバで次のようにします。

  1. [Edit] メニュー[Server] を選択し、次に [Properties] をクリックします。
  1. 修正するサーバを選択します。
  1. [Server Properties] ダイアログの [General] タブ で、 [Shutdown Strategy] を選択します。

注記: シャットダウンストラテジーが有効に機能するには、正常なシャットダウン時に LifeKeeper のプロセスが起動している必要があります。

注記: いくつかのAmazon EC2の設定において、シャットダウンストラテジーを"Do not Switchover Resources"に設定した場合に問題が起こることがあります。詳細は、トラブルシューティング > 既知の問題と制限 をご確認ください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信