設定 / インストール

LifeKeeper を使用して SAP リソース階層を作成する前に、以下の作業を下記に 推奨する順序で 実施してください。以下に記載されていない追加の非 HA 固有の設定作業を行う必要があることに注意してください。詳細については、SAP インストールガイドを参照してください。

以下の作業では、 「SAP プライマリサーバ」 および 「SAP バックアップサーバ」 を参照しています。 SAP プライマリサーバ は、通常動作時にセントラルサービスが実行されるサーバです。 SAP バックアップサーバ は、SAP プライマリサーバに障害が発生したときにセントラルサービスが実行されるサーバです。

必ずしも必須ではありませんが、以下の操作手順には、使用する前にすべての共有ファイルシステムを LifeKeeper で保護する推奨手順が含まれています。共有ファイルシステムは、LifeKeeper で保護する前は両方のサーバからアクセス可能であるため、データが破壊される可能性があります。LifeKeeper でファイルシステムを保護することで、データへのアクセスを 1 つのサーバに留めます。

SAP をインストールする前に

以下のトピックの作業は、SAP ソフトウェアをインストールする前に行う必要があります。記載されている順序に従って、作業を行ってください。また、NetWeaver 環境でのインストールを予定している場合、SAP ドキュメントの SAP Web Application Server in Switchover Environments を参照してください。

設定の計画

SAP ソフトウェアのインストール

以下の作業は、SAP ソフトウェアを高可用性環境にインストールするために必要です。記載されている順序に従って、作業を行ってください。詳細については、各作業をクリックしてください。SAP のインストール手順の詳細については、関連する SAP インストールガイドを参照してください。

プライマリサーバのインストール

コアサービス、ABAP セントラルサービス (ASCS)、および Java セントラルサービス (SCS) のインストール

データベースのインストール

プライマリアプリケーションサーバインスタンスのインストール

追加のアプリケーションサーバインスタンスのインストール

バックアップサーバのインストール

バックアップサーバへのインストール

LifeKeeper のインストール

LifeKeeper のインストール

ファイルシステムとディレクトリ構造の作成

共有ディスクおよび LifeKeeper へのデータ移動

SAP Recovery Kit の旧バージョンからのアップグレード

LifeKeeper での SAP の設定

リソース設定作業

以下の作業では、LifeKeeper GUI[Edit] ニューからオプションを選択することによって、Recovery Kit を設定する方法を説明します。それぞれの設定作業は、ツールバーから選択することもできます。または、状況表示ウィンドウの リソース階層ツリー (左側のペイン) のグローバルリソースを右クリックして、 [Edit] メニューと同じドロップダウンメニューの選択項目を表示することもできます。言うまでもなく、これは階層がすでに存在している場合にだけ可能な方法です。

または、状況表示ウィンドウのリソース階層表 (右側のペイン) のリソースインスタンスを右クリックして、サーバおよび特定リソースの状況に応じて、リソース階層の作成を除くすべての設定作業を実行することもできます。

IP リソース

SAP リソース階層の作成

リソース階層の削除

リソース階層の拡張

リソース階層の拡張解除

共通の Recovery Kit 作業

コマンドラインによる SAP の設定

SAPインスタンスに対してSAP SIOS HA Cluster Connectorを有効にする方法については、 SAP SIOS HA Cluster Connector (SSHCC)のアクティブ化 を参照してください。

LifeKeeperでERSインスタンスを適切に管理するには、ERSプロファイルはERSプロセスの開始に、Restart_ProgramではなくStart_Programパラメーターを使用する必要があります。ERSインスタンスプロファイルでこのパラメーターを変更する方法の詳細については、ASCS + ERS Restart_Programパラメーター を参照してください。

SAP HA ライブラリの LifeKeeper への組み込み

  1. SAP の設定ファイルに次の行を追加します。

service/halib = saphascriptco.so
service/halib_cluster_connector = /opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/appsuite/sap/bin/sap_sios_cluster_connector
service/halib_debug_level = 1

  1. sapsatrtsrv を再起動します。

sapcontrol –nr <NR> -function StopService
sapcontrol –nr <NR> -function StartService <SID>

  1. 以下を /etc/sudoers に追加するか、/etc/sudoers.d に新しいファイルを作成して追加します。

<SID>adm ALL=NOPASSWD:/opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/appsuite/sap/bin/sap_sios_cluster_connector-main

SAP リソース階層のテスト

SAP ソフトウェアに対して LifeKeeper 保護を構築した後、その SAP 階層を徹底的にテストする必要があります。記載されている順序に従って、作業を行ってください。

テストの準備

テストの実行

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信