Linux 環境での LifeKeeper パッケージのアンインストールはコマンドラインから行います。以下のコマンドを実行してください。

/opt/LifeKeeper/bin/rmlk

これによりすべての LifeKeeper パッケージがアンインストールされ、システムから /opt/LifeKeeper ディレクトリが削除されます。このコマンドは、システム上で LifeKeeper が実行されているかどうかにかかわらず実行できます。
クラスタ内のすべてのノードで LifeKeeper を実行している状態でコマンドを実行すると、階層の拡張が解除され、すべてのコミュニケーションパスが削除されます。これにより、コマンドが実行されたノードに残っているものがすべて削除され、ノードを効果的にクラスタから削除できます。
LifeKeeper がコマンドの実行時に実行されていない場合、別のノードには削除されずに残るものが発生し、実行中のシステムに影響を与える可能性があります。

このコマンドでは、次の2つのオプションを使用できます。

  • -j : LifeKeeperによってインストールされた Java パッケージをすべて削除します。
  • -l :すべての LifeKeeper ライセンスを削除します。

このコマンドは慎重に使用してください。

注記: lkbackup コマンドによる LifeKeeper 構成の定期的なバックアップは、結果を自動的に /opt/LifeKeeper/config/ にアーカイブします。 rmlk コマンドは /opt/LifeKeeper ディレクトリを削除するため、コマンドを実行する前にアーカイブをバックアップすることを推奨します。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信