説明
最上位の NFS リソース階層は hanfs リソースのスイッチバックタイプを使用します

障害からサービス状態に復旧する際に NFS リソース階層がプライマリサーバにスイッチバックするかどうかを制御するスイッチバックタイプは、hanfs リソースで定義されます。
一部のクライアントが nfs ファイルロックを再取得できません

NFS クライアントとして動作しているとき、一部の Linux カーネルは、「NFS ロックが解除されているので、再取得する必要がある」という、NFS サーバからの通知に正常に応答しません。そのため、これらのシステムが、LifeKeeper に保護されている NFS ファイル共有のクライアントである場合、これらのクライアントで保持されている NFS ロックは、フェイルオーバまたはスイッチオーバの際に失われます。

NFS マウントオプションの推奨値で NFS ロックを使用する場合、以下のオプションを設定することを推奨します。

rw,nolock,bg,hard,nointr,tcp,nfsvers=3,timeo=600,rsize=32768,wsize=32768,actimeo=0
NFS v4 の変更は SLES 11 nfs サブシステムの操作と互換性がありません

SLES 11 の非 NFS v4 リモートエクスポートのマウンティングによって、rpc.statd が開始されます。NFS v4 ルートエクスポートを保護するクラスタ内の out of service ノードでは、rpc.statd の開始に失敗します。

解決方法: NFS v4 ルートエクスポートを保護しているクラスタで NFS v2/v3 と混在させないでください。
IPv6 では NFS v4 を設定できません

IPv6 仮想 IP は NFSv4 階層にまとめられます。

解決方法: NFSv4 リソースの作成時に IPv6 仮想 IP リソースを使用しないでください。
NFS v4:拡張解除後に階層を再拡張できません

エクスポートポイントがすでにターゲットサーバでエクスポート済みなので、拡張に失敗します。NFS v4 階層がサーバ A で作成され、サーバ B に拡張され、サーバ B で in service になった後にサーバ A から拡張解除された場合、NFS v4 階層のサーバ A への再拡張は失敗します。

解決方法: サーバ A で「exportfs -ra」というコマンドを実行し、残された追加エクスポート情報をクリーンアップします。
NFSv3 でのファイルロックのスイッチオーバに失敗します

リソースのスイッチオーバまたはフェイルオーバの際に、LifeKeeperがサポートするすべてのOSではNFSv3のファイルロックのフェイルオーバは機能しません。

解決方法: NFSv4 で有効なロックフェイルオーバ機能を使用します。
Oracle Recovery Kit は NFSv4 をサポートしていません

Oracle Recovery Kit は共有データベースストレージ用に NFSv3 をサポートしています。NFSv4 ファイルロッキングメカニズムのため、NFSv4 は、現時点ではサポートされていません。
NFS サブシステムの停止と起動が、SIOS Protection Suite で保護される NFS エクスポートに悪影響を及ぼします

SIOS Protection Suite for Linux が NFS エクスポートを保護しているときに、NFS サブシステム (Red Hat の /etc/init.d/nfs または SuSE の /etc/init.d/nfsserver) が停止された場合、NFS の停止動作ですべてのディレクトリのエクスポート解除が実行されるため、SIOS Protection Suite for Linux が保護しているすべてのエクスポート済みディレクトリが影響を受けます。SIOS Protection Suite for Linux の NFS quickCheck スクリプトが停止した NFS のプロセスを検出し、ローカルリカバリを実行してプロセスを再起動してから、ディレクトリを再エクスポートします。ただし、SIOS Protection Suite の NFS ARK がすべてを復旧するために、保護されたエクスポートのすべてについて quickCheck が実行されます。例えば、SIOS Protection Suite for Linux の NFS ARK により 5 個のエクスポートが保護されている場合、そのキットが保護するすべてのエクスポート済みディレクトリを復旧するために、quickCheck が 5 回実行されます。デフォルトの quickCheck 時間は 2 分なので、すべてのエクスポート済みディレクトリを復旧するには、10 分かかります。

対応策: SIOS Protection Suite の NFS ARK がシステム上のエクスポート済みディレクトリをアクティブに保護しているときには、NFS サブシステムを停止しないでください。NFS サブシステムを停止する必要がある場合は、すべての NFS リソースをスタンバイノードに切り替えてから NFS サブシステムを停止してください。exportfs コマンドの使用も検討する必要があります。このコマンドラインユーティリティは 1 つのディレクトリのエクスポート / エクスポート解除の機能を装備しているので、NFS サブシステム全体を停止する必要がなくなります。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信