症状
考えられる要因
LifeKeeper のフェイルオーバ操作 が アンマウント・ビジー・エラーで失敗しました。 NAS 階層をビルドするために使用するファイル・システム・キットでは、フェイルオーバ条件でマウントされたファイル・システムを使用している LifeKeeper 保護下に入っていないプロセスを検出したり、除去したりすることはできません。そのため、LifeKeeper 保護下に入れるプロセスのみが、NAS 保護下のファイル・システムを使用するように設定することを強くお勧めします。この障害が発生したら、ファイル・システムを使用してプロセスを識別し、消滅させる必要があります。 fuser -m コマンドを使用すると、ファイル・システムへ現在アクセスしているプロセスを判別できます。この使用法の詳細については、 fuser のマニュアル・ページを参照してください。
LifeKeeper が、サーバ名 を使用してマウントされた ファイル ・システムの ローカル・リカバリーを行います。

NAS Recovery Kit の保護下にあるファイル・システムが IP アドレスではなくホスト名を使用してマウントされたら、 NAS リソースの作成後に、LifeKeeper が次のようなメッセージをログに記録します。

. . . WARNING: Mon Aug 26 11:27:01 2002:

LifeKeeper protected filesystem resource “tmp/mnt-on-tom.brown.com” (/tmp/mnt) is in service but not mounted

. . . Attempting Local Recovery of resource

LifeKeeper は、この時点で IP アドレスを使用してファイル・システムを再マウントします。ただし、問題が発生したら、LifeKeeper は NAS リソースをバックアップ・サーバへフェイルオーバするか(拡張された場合)、またはリソースをサービス休止状態にします(リソースが拡張されていない場合)。

推奨される対策: ローカル・リカバリーが成功したら、それ以上処置は必要ありません。ただし、ローカル・リカバリーが失敗したら、次の操作を行う必要があります。

  1. LifeKeeper で NAS リソースを削除します。

  2. ホスト名ではなく IP アドレスを使用してファイル・システムを再マウントします。

  3. NAS リソースを作成し直します。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信