LifeKeeper の [Extend Resource Hierarchy] オプションは、あるサーバから既存の階層をコピーして、別の LifeKeeper サーバ上に同様の階層を作成します。階層が他のサーバに拡張されると、そのリソースに対してカスケーディングフェイルオーバが使用可能になります。既存の階層が現在存在するサーバは、テンプレートサーバと呼ばれます。新たに拡張された階層が配置されるサーバは、ターゲットサーバと呼ばれます。

ターゲットサーバは、拡張された階層をサポートすることができ、他のリモートサーバ上の同等の階層と (アクティブな LifeKeeper コミュニケーションパスを介して) 通信できなければなりません。つまり、既存の階層内のリソースに関連付けられているすべてのリカバリキットが、ターゲットサーバだけでなく、階層が現在存在する他のすべてのサーバに既にインストールされている必要があります。

  1. GUI を介してリソース階層を拡張するには、次の 5 つの方法があります。
    º 新しいリソース階層を作成 してください。階層が作成されたことがダイアログに表示されたら、 [Continue] ボタンをクリックして、Pre-Extend Wizard を介して新しい階層の拡張を開始してください。
    º グローバルまたはサーバ固有のリソースアイコンを右クリックして、リソースコンテキストメニュー を表示し、次に [Extend Resource Hierarchy] をクリックして、Pre-Extend Wizard を介して選択したリソースを拡張してください。
    º グローバルツールバー で、 [Extend Resource Hierarchy] ボタンをクリックしてください。[Pre-Extend Wizard] ダイアログが表示されたら、 [Template Server] および [Tag to Extend] を選択し、それぞれ選択した後に [Next] をクリックしてください。
    º [Edit] メニュー で、 [Resource] を選択して、 [Extend Resource Hierarchy] をクリックしてください。[Pre-Extend Wizard] ダイアログが表示されたら、 [Template Server] および [Tag to Extend] を選択し、それぞれ選択した後に [Next] をクリックしてください。
  1. デフォルトの [Target Server] を選択するか、または選択リストの中から 1 つ入力して、 [Next] をクリックしてください。
  1. [Switchback Type] を選択して、 [Next] をクリックしてください。
  1. デフォルト値を選択するか、または独自の [Template Priority] を入力して、 [Next] をクリックしてください。
  1. 独自の [Target Priority] を選択するか入力して、 [Next] をクリックしてください。
  1. ダイアログに、次に実行される拡張前のチェックが表示されます。これらのテストが成功した場合、LifeKeeper は、拡張している特定の種類のリソースに必要な手順の実行を開始します。

[Extend Resource Hierarchy] オプションの [Accept Defaults] ボタンは、LifeKeeper の [Extend Resource Hierarchy] のデフォルト値を熟知して、値の入力や確認をしないで素早く LifeKeeper リソース階層を拡張したいユーザ向けです。GUI ダイアログを使用して対話的に段階を追って LifeKeeper リソース階層を拡張する場合は、 [Next] ボタンを選択します。

注記: マルチルート階層のすべてのルートは、まとめて拡張する必要があります。つまり、単一ルート階層として拡張することはできません。

注記: コマンドラインによる手順については、SAP ドキュメントのコマンドラインからの SAP リソースの拡張 を参照してください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信