ローカルリカバリシナリオ (バックエンドクラスタ):

保護されているルートテーブルの障害が Recovery Kit for EC2 によって検出されると、結果として生じる障害によって EC2 ローカルリカバリスクリプトが起動されます。ローカルリカバリでは、すべてのルートテーブル内から指定された IP リソースエントリを収集し、そのエントリのターゲットをアクティブなサーバ上にある ENI に変更します。ローカルでリカバリの試みが失敗すると、LifeKeeper は EC2 リソース、および依存関係を持つすべてのリソースをスタンバイサーバにフェイルオーバします。このシナリオの設定については、運用の原則 セクションを参照してください。

注記: 対応する EC2 リソースが作成されると、Recovery Kit がルートテーブルの設定を保護するので、ルートテーブルを手動で変更しないでください。

以下の例で、典型的なローカルリカバリのシナリオを示します。Recovery Kit が、ルートテーブル内にある IP ルートのターゲット設定が正しくないことを検出すると、ローカルリカバリにより、アクティブなサーバ上の ENI にターゲットが置換されます。このプロセスでは、ルートテーブル B の 10.1.0.20/32 のエントリは何も変更されません。

IP リソース 10.1.0.10
アクティブなノード上の ENI eni-01234567

ルートテーブル A – 前の状態

接続先
ターゲット
10.1.0.10/32 eni-89abcdef
10.0.0.0/16 ローカル

ルートテーブル A – 後の状態

接続先
ターゲット
10.1.0.10/32 eni-01234567
10.0.0.0/16 ローカル





ルートテーブル B – 前の状態

接続先
ターゲット
10.1.0.10/32 eni-89abcdef
10.1.0.20/32 eni-89abcdef
10.0.0.0/16 ローカル

ルートテーブル B – 後の状態

接続先
ターゲット
10.1.0.10/32 eni-01234567
10.1.0.20/32 eni-89abcdef
10.0.0.0/16 ローカル

Elastic IP シナリオ (フロントエンドクラスタ):

保護されている Elastic IP の障害が Recovery Kit for EC2 によって検出されると、結果として生じる障害によって EC2 ローカルリカバリスクリプトが起動されます。ローカルリカバリにより、Elastic IP がアクティブなノード上の ENI に割り当てられます。ローカルでリカバリの試みが失敗すると、LifeKeeper は EC2 リソース、および依存関係を持つすべてのリソースをスタンバイサーバにフェイルオーバします。このシナリオの設定については、運用の原則 セクションを参照してください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信