プライマリサーバからリソースインスタンスを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. LifeKeeper GUI メニューから [Edit] を選択し、次に [Server] を選択します。ドロップダウンメニューから、 [Create Resource Hierarchy] を選択します。

すでに行った選択を変更する場合、または NFS リソース階層の作成中にエラーメッセージが表示された場合、 [Back] ボタンを使用して選択を変更するか、修正を行ってください ( [Back] ボタンが有効な場合)。

ダイアログボックスが表示され、ドロップダウンメニューに、クラスタにインストールされ認識されているすべての Recovery Kit が一覧で示されます。ドロップダウンメニューから [NFS] を選択します。

[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

注記 : 階層作成の途中で Cancel ボタンをクリックすると、作成処理全体が取り消されます。

  1. [Switchback Type] を選択します。これによって、バックアップサーバへのフェイルオーバ後、NFS インスタンスがサービスに戻ったときにどのようにプライマリサーバにスイッチバックされるかが決まります。 [intelligent] または [automatic] を選択します。 [Intelligent switchback] の場合、インスタンスをプライマリ / オリジナルサーバにスイッチバックするときに管理者の介入が必要になります。 [Automatic switchback] の場合、プライマリサーバがオンラインに戻り、LifeKeeper の保護下に入るとすぐに自動的にスイッチバックが行われます。

スイッチバックタイプは、必要な場合 [Resource Properties] ダイアログボックスの [General] タブで後から変更できます。

[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

  1. [Server]NFS リソースを作成するサーバ (通常、これをプライマリサーバまたはテンプレートサーバと呼ぶ) を選択します。ドロップダウンメニューには、クラスタ内の全サーバが表示されます。

[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

  1. [Export Point] ダイアログボックスのドロップダウンリストに、次の条件に合致する NFS ファイルシステムのエクスポートポイントが表示されます。
    • エクスポートポイントが NFS によってエクスポートされている。
    • エクスポートポイントが共有ドライブ上にある。
    • 基礎ファイルシステムが LifeKeeper に保護されている場合、基礎ファイルシステムは In Service で、かつ、 Server ダイアログボックスで選択したサーバ上で最高の優先順位を持っている必要がある。
    • NFSv4 の基準:
    º バインドマウントを使用した NFSv4 のルートエクスポートのために、バインドマウントは通常のエクスポートと同様に共有ドライブ上にある必要があります。そして、ファイルシステムが LifeKeeper に保護されている場合は In service で、かつ、[Server] ダイアログボックスで選択したサーバ上で最も高い優先順位を持っている必要があります。
    º NFS v4 ルートエクスポートがすでに保護されている場合、選択肢はありません (v4 単体のみが保護対象で、v4 と v2/v3 の混在環境は保護対象にならない)。
    º すでに NFS v2/v3 が保護されている場合は、NFS v4 は選択肢に表示されません。
    º 何も保護されていない場合は、v2/v3 および v4 の両方が含まれたリストが表示されます。

ドロップダウンリストから保護する NFS エクスポートポイントを選択します。

[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

  1. [IP Tag] ダイアログボックスのドロップダウンリストに、現在 LifeKeeper が保護していて、NFS リソースを作成するサーバで in service の仮想 IP アドレスに対応するタグが表示されます。

保護されている NFS ファイルシステムにアクセスするためにクライアントが使用する仮想 IP アドレスの タグ を選択します。

注記 : この時点で、保護される IP リソースが利用可能かどうかが LifeKeeper によってチェックされます。また、NFS リソース階層の作成に使用する入力データが妥当かどうかもチェックされます。この 2 つのチェックのどちらかで問題が発生した場合 [ERROR] ボックスが表示されます。ディレクトリのパスは妥当で、NFS 構成自体にエラーがある場合は、そのエラーを修正して、階層の作成を続けることができます。ここで必要な LifeKeeper IP リソースを作成することもできます。

注記 : 仮想 IP アドレス依存関係を持つ別の LifeKeeper Recovery Kit を使用している場合は、NFS リソース用に別の仮想 IP アドレスを作成することもできます。そうしない場合、仮想 IP リソースがバックアップサーバにフェイルオーバされると、その IP リソースに依存するすべてのリソースが同時にフェイルオーバされます。

[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

  1. [NFS Tag] を選択または入力します。これは NFS 階層に付けるタグ名です。デフォルトを選択するか、独自のタグ名を入力することができます。

[Create] ボタンをクリックすると、 [Create Resource Wizard] によって NFS リソースが作成されます。

[Next] をクリックすると階層の拡張 で説明する [Pre-Extend Wizard] が起動します。

注記 : この時点で、NFS リソース階層が正常に作成されます。ただし、新しい NFS インスタンスの起動に失敗したというエラーメッセージが表示されることがあります。新しい NFS 階層を別のシステムに拡張するには、起動する(in service にする) 必要があることに注意してください。起動に失敗した場合は階層が削除されますが、この時点で表示されるエラーに基づいて問題を修正することも可能です。エラーの修正が不可能であれば、リソース作成のキャンセルのみを選択することになります。

階層の拡張 に進む前に、新しい階層を In Service にしてください。

注記: RHEL7.1 以降および SLES12SP1 以降の環境では、 NFS リソースを作成した後に nfs-server.service の自動起動を無効に設定してください。また、NFS リソースは起動時に rpcbind.service が動作している必要があるため、必要に応じて rpcbind.service を自動起動するように設定してください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信