プライマリサーバで以下の操作を行ってください。

  1. [Edit] > [Server] > [Create Resource Hierarchy] を選択してください。

[Create Resource Wizard] ダイアログボックスが表示されます。

  1. ドロップダウンリストから [Data Replication] オプションを選択し、 [Next] をクリックして続行してください。
  1. 以下の情報を入力するように要求されます。ダイアログボックスで [Back] ボタンが有効な場合は、前のダイアログボックスに戻ることができます。これは、エラーが発生して、前に入力した情報を修正する必要がある場合に便利な機能です。いつでも [Cancel] をクリックして、作成処理全体を取り消すことができます。
フィールド
ヒント
Switchback Type [intelligent switchback] を指定する必要があります。これは、バックアップサーバにフェイルオーバした後、管理者が手動で DataKeeper リソースをプライマリサーバにスイッチバックする必要があることを意味します。

注意:このリリースの SIOS DataKeeper は、DataKeeper リソースの自動スイッチバックをサポートしていません。さらに、自動スイッチバックの制限は、DataKeeper リソースの上に存在する他の LifeKeeper リソースにも適用されます。
Server 作成する NetRAID デバイスが存在するサーバ(通常はプライマリサーバ)の名前を選択してください。ドロップダウンリストボックスには、クラスタ内のすべてのサーバが表示されます。
Hierarchy Type 以下のいずれかを選択して、作成するデータレプリケーションのタイプを選択してください。
Bitmap File インテントログの記録に使用するビットマップファイルの名前を選択するか、入力してください。 [None] を選択すると、インテントログは使用されず、すべての再同期が部分的ではなく全体の再同期になります。

重要: ビットマップファイルは btrfs ファイルシステム上に置いてはいけません。データレプリケーションのビットマップファイルが btrfs ファイルシステム上に置かれると、LifeKeeper がミラーを構成しようとした時、"invalidargument" エラーの原因になります。ビットマップファイルのデフォルトの置き場所は、 /opt/LifeKeeper の下です。このデフォルトの置き場所は、/opt/LifeKeeper が btrfs ファイルシステム上にある場合変更されます。

注記: btrfsは、現在SIOSProtection Suite for Linux でサポートされていません。

Enable Asynchronous Replication ? このレプリケーションリソースによるターゲットシステムへの非同期レプリケーションのサポートを許可するには、 [Yes] を選択してください。すべてのターゲットについて同期レプリケーションを使用する場合は、 [No] を選択してください。後で、レプリケーションリソースが各ターゲットサーバに拡張されるときに、実際のレプリケーションタイプ(同期または非同期)を選択するように要求されます。(両方のレプリケーションタイプの詳細については、SIOS DataKeeper によるミラーリング を参照してください)。これらのターゲットのいずれかへのレプリケーションを非同期で実行する場合は、他のターゲットへのレプリケーションを同期実行する場合でもここでは [Yes] を選択する必要があります。


注記: 非同期ミラーリングをサポートしない環境で非同期ミラーリングを選択した場合は、以下のメッセージが表示されます。
Asynchronous mirroring configuration is NOT supported on this kernel (<linuxカーネルのバージョン>). Please see the product manual for more details.

以降の一連のダイアログボックスは、 [Hierarchy Type] で選択した項目によって異なります。一部のダイアログボックスはすべての階層タイプで同じですが、表示される順序と必要な情報が少し異なることがあります。以下の 3 つのトピックで、階層作成の残りのプロセスについて説明しています。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信