SAP DB / MaxDB インスタンスには、ユーザーがデータベースインスタンスに正常にアクセスするためのいくつかのオプションが必要です。これらの必要な情報は、データベースインスタンスへのアクセスに使用されている SAP DB / MaxDB ツールに渡す必要があります。SAP DB / MaxDB ソフトウェアには、SAP DB / MaxDB ツールに対する多くの必須オプションの指定を簡素化するための xuser ツールが含まれています。 xuser ツールを使用すると、ユーザーデータをあらかじめ定義して保存できます。このデータが保存されると、DBMCLI またはユーザーオプションを必要とする他のツールを呼び出すときにこのデータを使用できます。この事前定義されたユーザーデータは、ユーザーキー(User_Key)に保管されます。個々のユーザーは、同じデータベースまたは複数のデータベースの複数のユーザーキーを管理および保持できます。各キーには、ユーザー名/パスワード、データベース名、データベースサーバー名などのオプションの組み合わせが含まれています。

SAP DB / Max DB Recovery Kit では、保護されている各データベースインスタンスに対して有効なユーザーキーが必要です。この User_Key は、データベースインスタンスを所有する OS ユーザーによる作成およびアクセスが可能である必要があります。各User_Keyに対して指定されたユーザー情報は、次の権限を持つ DBM オペレーターのものでなければなりません。

  • DBStart
  • DBStop
  • DBInfoRead
  • ParamRead

User_Key は、<file name> が以下の表に記載する有効な XUSER エントリーを含む場合、次のコマンドで生成できます。

xuser –b <file name>

パラメーター
パラメーターの定義
USERKEY User_Key のユニークな名前
USERID dbm オペレーターのユーザー名
PASSWORD ユーザーのパスワード
SERVERDB このキーが参照するデータベースインスタンス名
SERVERNODE データベースを実行しているサーバー名(これは、DNS または SPS で保護されている IP のホストファイルエントリーである必要があります)
SQLMODE 互換性のある SQL ダイアレクトを決定します
CACHELIMIT 特定のセッションのキャッシュ制限を決定します
TIMEOUT 非アクティブなセッションを終了するまでの時間(単位:秒)(デフォルトは-1)
ISOLATION ユーザーに影響するロックに使用される分離レベルを決定します(デフォルトは-1)
DB_LOCAL データベースのロケールを指定します

パラメーターに関する詳細は、「SAP DB / MaxDB ユーザーマニュアル」を参照してください。適切なエントリーが指定されたら、xuser ツールを使用して OS ユーザーのホームディレクトリに .XUSER.62 ファイルを生成します。2つのキーを含むサンプル XUSER ファイルは以下に含まれています(DEFAULT User_Key のエントリーが存在する必要があります)。

DEFAULT
NULLDB
NULLDB
NULLDB
LKIP.example.com
INTERNAL
-1
-1
-1
my_locale
LK_USERKEY
LKDBMOPER
LKDBMPASSWD
DB1
LKIP.example.com
INTERNAL
-1
-1
-1
en_US

この例の XUSER ファイルでは、 DEFAULTLK_USERKEY の2つのユーザーキーを作成するように指定しています。 xuser ツールを実行して User_Key を生成したら、 xuser ツールで使用するよう指定されたファイルを削除する必要があります。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信