このトピックにはありませんでした
他のトピックを検索して以下の内容を見つけました

[Cluster Connect] ダイアログ

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » [Cluster Connect] ダイアログ

  Server Name - 接続先のサーバ名。 Login - 接続先のサーバに LifeKeeper 認証情報を持つユーザのログイン名。 Password - 接続先のサーバで指定ログインを認証するパスワード。

Quick Service Protection (QSP) Recovery Kit

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper 管理 » 管理作業 » リソース階層の作成 » Quick Service Protection (QSP) Recovery Kit

はじめに QSP Recovery Kit は、OS のサービスを簡易的に保護する仕組みを提供します。OS の service コマンドまたは systemctl コマンドで起動 (start) ・停止 (stop)…

Quick Service Protection (QSP) Recovery Kit

LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper Single Server Protection の管理の概要 » Quick Service Protection (QSP) Recovery Kit

QSP Recovery Kit は、OSのサービスを簡易的に保護する仕組みを提供します。OSのserviceコマンドで起動 (start) ・停止 (stop) ができるサービスであれば、容易にリソースが作成できます。Generic…

ASCS + ERS Restart_Program パラメーター

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » ASCS + ERS Restart_Program パラメーター

症状: ERSインスタンスが、プライマリーサーバーとバックアップサーバーの両方で同時に実行されている。 原因:…

Route53 パラメータ一覧

パラメータ一覧 » Route53 パラメータ一覧

下記の表に Route53 Recovery Kit の動作のチューニングパラメータとその説明を示します。チューニングを行う場合には、 両ノードの /etc/default/LifeKeeper 設定ファイルに追加することで設定されます。 Route53…

EC2パラメータ一覧

パラメータ一覧 » EC2パラメータ一覧

下記の表は、EC2パラメータ名とその意味を説明しています。これらの値は /etc/default/LifeKeeper 設定ファイルを編集することにより設定可能です。 Recovery Kit for EC2…

要件

アプリケーションリカバリーキット » Route53 Recovery Kit 管理ガイド » 要件

Route53 Recovery Kit をインストールして設定する前に、使用している設定が以下の要件を満たしていることを確認してください。 • AWS Command Line Interface (AWS CLI) を全ての EC2…

要件

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2 管理ガイド » 要件

Recovery Kit for EC2 のインストール / アンインストールを試みる前に、Amazon Web Service のソフトウェア要件と Recovery Kit for EC2 のインストール /…

リソース監視と設定に関する考慮事項

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2 管理ガイド » 設定 » リソース監視と設定に関する考慮事項

ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ) Recovery Kit は AWS CLI を使用して、保護されている IP リソースに VPC 内のクライアントから接続できるようにルートテーブルの設定を監視します。Recovery…

既存リソースの IAM ロールへの対応

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2 管理ガイド » 既存リソースの IAM ロールへの対応

LifeKeeper 9.2.2 にて、IAM ロールをサポートしました。9.2.1 以前では EC2 リソースや Route53 リソース作成の際に AWS アクセスキー(アクセスキー ID…

Route53 Recovery Kit 管理ガイド

アプリケーションリカバリーキット » Route53 Recovery Kit 管理ガイド

Route53 Recovery Kit Route53 Recovery Kitは、障害の発生したプライマリサーバからバックアップサーバに復旧する際、依存関係にあるIPリソースの仮想IPアドレス・実IPアドレス情報に対応するAmazon Route 53 DNS…

Recovery Kit for EC2 管理ガイド

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2 管理ガイド

Recovery Kit for EC2 Recovery Kit for EC2 は、障害の発生したプライマリサーバから Elastic IP をバックアップサーバに復旧する仕組みを提供します。また、複数のAvailability Zoneで IP Recovery Kit…

[File] メニュー

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » メニュー » [File] メニュー

Connect - LifeKeeper クラスタに接続します。LifeKeeper クラスタ内の各サーバに接続するには、そのサーバでログイン認証が必要です。 Exit - すべてのサーバから切断し、GUI…

DataKeeper for Linux が保護している領域に対する、スナップショット機能の利用ついての注意事項

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » DataKeeper for Linux が保護している領域に対する、スナップショット機能の利用ついての注意事項

SPS の設定手順

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » SPS の設定手順

SPS インストールガイドの説明に従って SPS 環境をインストールした場合、クラスタ内の各サーバで SPS…

[Password] ダイアログ

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ » [Password] ダイアログ

注記: このダイアログは、[Cluster Connect] ダイアログ に最初に入力したログイン名またはパスワードが正しくない場合に表示されます。 Login - 指定サーバに LifeKeeper…

LifeKeeper Core

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » はじめに » LifeKeeper Core

LifeKeeper Core は、以下の 4 つの主要コンポーネントで構成されています。 LifeKeeper Core ソフトウェア File System、Generic Application、Raw I/O、 IP、および Quick Service Protection (QSP) の Recovery Kit…

112008 – start.ref

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » SPS SAP メッセージ » 112008 – start.ref

原因: Issuing a start/restart of the command “{command}” on…

エラーメッセージ

アプリケーションリカバリーキット » WebSphere MQ Recovery Kit 管理ガイド » WebSphere MQ のトラブルシューティング » エラーメッセージ

このセクションでは、SPS MQ Recovery Kit…

storage モード

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » LifeKeeper I-O フェンシングの概要 » Quorum/Witness » storage モード

既知の問題と回避策

LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » トラブルシューティング » 既知の問題と回避策

下記に、LifeKeeper Single Server Protection で明らかになっている制限または既知の問題を示します。 Core バグ 2257 LifeKeeper Single Server Protection および SIOS Protection Suite のノードに credstore…

Quorumパラメータ一覧

パラメータ一覧 » Quorumパラメータ一覧

下記の表は、Quorumパラメーター名とその意味を説明しています。これらの値は /etc/default/LifeKeeper…

STONITH

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » LifeKeeper I-O フェンシングの概要 » STONITH

STONITH (Shoot the Other Node in the Head) は、クラスタ内のノードの電源をリモートから切断するフェンシング方式です。LifeKeeper の STONITH 機能は、外部電源スイッチコントロール、IPMI…

リモートシステムでの GUI の実行

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » リモートシステムでの GUI の実行

LifeKeeper GUI を Java アプレットとして実行することにより、LifeKeeper クラスタ外の Linux、Unix、または Windows のシステムから LifeKeeper の管理ができます。この環境での GUI…

112011 – startinstance.ref

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » SPS SAP メッセージ » 112011 – startinstance.ref

原因: Issuing a start/restart of the SAP SID “{SAP System ID}” with instance “{instance}” on…

サーバのクラスタへの接続

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » サーバのクラスタへの接続

開始するには、以下の 2 つの方法があります。 グローバルツールバー の [Connect] ボタンをクリックする。 [File] メニュー の [Connect] をクリックする。 [Cluster Connect] ダイアログ…

メッセージバー

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » メッセージバー

メッセージバーは、[Status] ウィンドウの下に表示されます。メッセージが 1 行のテキストで表示されます。「Connecting to Server X」や「Failure to connect to Server…

共通の作業

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業

以下に、すべてのユーザが実行できる基本作業を示します。 ___________________________________________________________________________________________________________________________________________________ LifeKeeper の起動 LifeKeeper…

ユーザシステムのセットアップ

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2 管理ガイド » 設定 » ユーザシステムのセットアップ

ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ) Recovery Kit for EC2 のルートテーブル保護オプションを使用すると、VPC 内のルートを自動更新することができます。フェイルオーバ中、Recovery Kit…

112066 – filemissing.ref

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » SPS SAP メッセージ » 112066 – filemissing.ref

原因: The start and stop files are missing from “{path name}” on “{server}”. 処置: SAP…

リソース階層の作成

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2 管理ガイド » 設定 » リソース階層の作成

プライマリサーバからリソースインスタンスを作成するには、以下の手順を完了する必要があります。 LifeKeeper GUI メニューから [Edit] を選択し、次に [Server]…

NFS の考慮事項

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » 管理 » NFS の考慮事項

設定上の考慮事項 トピックで前述したように、SAP プライマリまたはバックアップサーバのいずれかにおいてファイルシステムが NFS 共有をローカルにマウントするよう設定されている場合、NFS 階層を…

リソース復元時のエラーメッセージ

アプリケーションリカバリーキット » Samba Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » リソース復元時のエラーメッセージ

エラー番号 エラーメッセージ 説明 109027 Failed start of smbd as daemon process. (smbd をデーモン・プロセスとして起動するのに失敗しました。) smbd…

LifeKeeper サーバでの GUI の実行

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » LifeKeeper サーバでの GUI の実行

LifeKeeper GUI を実行する最も簡単な方法は、LifeKeeper サーバでアプリケーションとして実行することです。これは、実際には、同一システム上で GUI のクライアントとサーバを実行することです。 GUI…

アプリケーションの設定

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » アプリケーションの設定

項目 説明 データベース初期設定ファイル…

GUI のツールバー

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » ツールバー » GUI のツールバー

このツールバーは、プロパティパネル に表示されるデフォルトのサーバ とリソース…

全般項目

アプリケーションリカバリーキット » PostgreSQL Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » 全般項目

以下のエラーメッセージおよび状態は PostgreSQL Recovery Kit 使用時に表示される可能性があります。 エラー 解決方法 Unable to protect PostgreSQL database using the same port as another LK protected…

LifeKeeper Core - 既知の問題と制限

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » トラブルシューティング » 既知の問題と制限 » LifeKeeper Core - 既知の問題と制限

説明 SLES 15では、ログのローテーション後に LifeKeeper のログが LifeKeeper ログファイルに表示されない場合があります コマンドラインで logrotate…

リスナーポートの変更

アプリケーションリカバリーキット » WebSphere MQ Recovery Kit 管理ガイド » WebSphere MQ を設定する際の考慮事項 » 設定の要件 » リソース作成後の設定変更 » リスナーポートの変更

キューマネージャのリスナーポートを変更するには、以下の手順を実行してください。 runmqsc 内のリスナーオブジェクトを変更した後、リスナーを停止し、起動してください。 su – MQUSER runmqsc…

リソース削除時のエラーメッセージ

アプリケーションリカバリーキット » Samba Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » リソース削除時のエラーメッセージ

エラー番号 エラーメッセージ 説明 109033 Failed start of smbd as daemon process.Attempting to stop via SIGKILL. (smbd をデーモン・プロセスとして起動するのに失敗しました。SIGKILL…

LifeKeeper 管理

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper 管理

概要 LifeKeeper は操作時に管理を必要としません。LifeKeeper…

Oracle 既知の問題と制限

アプリケーションリカバリーキット » Oracle Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » Oracle 既知の問題と制限

制御ファイルのスイッチオーバの失敗 $ORACLE_HOME…

フェイルオーバ後の復旧

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » メンテナンス作業 » フェイルオーバ後の復旧

LifeKeeper がプライマリサーバ (Server A) からバックアップサーバ (Server B) にフェイルオーバリカバリを実行した後、以下の手順を実行してください。 ログを確認してください。 Server B の LifeKeeper が…

SSHCC HA アクション

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » 管理 » SSHCC HA アクション

SAP SIOS HA Cluster Connector (SSHCC) アクション は、SAP SIOS HA Cluster Connector と併用されるリソースに対して有効なアクションです。 次の SSCC HA Actions…

キューマネージャの IP の変更

アプリケーションリカバリーキット » WebSphere MQ Recovery Kit 管理ガイド » WebSphere MQ を設定する際の考慮事項 » 設定の要件 » リソース作成後の設定変更 » キューマネージャの IP の変更

WebSphere MQ キューマネージャに関連する LifeKeeper で保護されている IP を変更するには、次の手順を実行します。 LifeKeeper GUI で新しい LifeKeeper 仮想 IP を作成します。 新しい仮想 IP を WebSphere MQ…

LifeKeeper の GUI - 概要

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » LifeKeeper の GUI - 概要

LifeKeeper の GUI は、Java テクノロジを使用して、LifeKeeper およびその設定データとのグラフィカルなステータスのインターフェースを提供します。LifeKeeper の GUI はクライアント /…

LifeKeeper の起動

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » LifeKeeper の起動

SPS ソフトウェアはすべて、 /opt/LifeKeeper ディレクトリにインストールされます。 すべての確認作業 が完了すると、両方のサーバで LifeKeeper を起動する準備が整います。このセクションでは、LifeKeeper…

LifeKeeper が保護するシステムのメンテナンス

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » LifeKeeper が保護するシステムのメンテナンス

LifeKeeper が保護するサーバをシャットダウンしてメンテナンスを行うときには、メンテナンスの前に、バックアップサーバでシステムのリソース階層を in service…

WebSphere MQ リソース階層のテスト

アプリケーションリカバリーキット » WebSphere MQ Recovery Kit 管理ガイド » LifeKeeper の設定作業 » WebSphere MQ リソース階層のテスト

手動スイッチオーバを開始することによって、WebSphere MQ…

SAP DB / Max DB Recovery Kit エラーメッセージ

アプリケーションリカバリーキット » SAP MaxDB Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » SAP DB / Max DB Recovery Kit エラーメッセージ

エラー番号 メッセージ 111000 Usage: %s independent_program_path 111001 Usage: %s %s %s 111002 No value specified to script %s for input argument %s. 111003 User %s with User_Key…

LifeKeeper の設定値の変更

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » メンテナンス作業 » LifeKeeper の設定値の変更

LifeKeeper には、設定と設定を行った後に変更を要する場合がある値が多数あります。変更を要する場合がある値の例として、LifeKeeper サーバの uname、コミュニケーションパスの IP アドレス、IP…

roc-calc-diskstats

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » インストールと設定 » ネットワーク帯域幅の要件の特定 » Linux システム(物理または仮想)での変化率の測定 » roc-calc-diskstats

#!/usr/bin/perl # Copyright (c) 2011, SIOS Technology, Corp. # Author: Paul Clements use strict; sub msg { printf STDERR _; } sub dbg { return if (! $ENV{'ROC_DEBUG'}); msg _; } $0 =~ s@^.*/@@; # basename sub usage { msg "Usage: $0 [dev-list]\n"; msg…

Java のセキュリティポリシー

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » Java のセキュリティポリシー

LifeKeeper の GUI は、ポリシーベースのアクセス制御を使用します。GUI クライアントのロード時に、現在有効なセキュリティポリシーに基づいて権限がGUI…

LifeKeeper Single Server Protection リリースノート

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection リリースノート

バージョン 9.4 重要!! 本製品をインストールまたは使用する前に 、 必ずこのドキュメントをお読みください。 このドキュメントには 、…

共有ディスクおよび LifeKeeper へのデータ移動

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » インストール » 共有ディスクおよび LifeKeeper へのデータ移動

次の手順は、Oracle を使用する場合の例です。 注記 :この例では、DB ID および SAP SID として「STC」が使用されています。これらのコマンド(たとえば、/usr/sap/STC またはユーザ orastc…

LifeKeeper における NFS サーバの設定

アプリケーションリカバリーキット » NFS Recovery Kit 管理ガイド » 設定上の考慮事項 » LifeKeeper における NFS サーバの設定

本セクションでは、NFS Server Recovery Kit の設定と管理を開始する前に考慮すべき事項および典型的な LifeKeeper NFS 設定例について記載しています。 LifeKeeper Core…

MySQL の設定上の考慮事項

アプリケーションリカバリーキット » MySQL Recovery Kit 管理ガイド » 設定上の考慮事項 » MySQL の設定上の考慮事項

LifeKeeper MySQL 環境に関して、次のような特有の考慮事項について検討する必要があります。 プライマリサーバとバックアップサーバで MySQL…

階層リソースのリストア、削除、リカバリ時のメッセージとエラー

アプリケーションリカバリーキット » Apache Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » 階層リソースのリストア、削除、リカバリ時のメッセージとエラー

以下のトピックに含まれるエラーメッセージは、LifeKeeper のエラーログに出力されます。 このエラーログは、「lk_log log」と入力すると表示できます。 Apache リソースを In Service にするとき…

トラブルシューティング

アプリケーションリカバリーキット » MySQL Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング

共通のエラーメッセージ 本セクションでは、SPS MySQL…

SAP SIOS HA Cluster Connector(SHCC)のアクティブ化

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » インストール » SAP SIOS HA Cluster Connector(SHCC)のアクティブ化

SAP SIOS HA Cluster Connector(SSHCC)は、SAP Start Service(sapstartsrv)とLifeKeeper間のインターフェースを提供します。 SAPインスタンスに対してHA Cluster…

GUI サーバの開始 / 停止

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » GUI サーバの開始 / 停止

LifeKeeper GUI サーバを開始するには LifeKeeper GUI サーバが動作していない場合は、 root として以下のコマンドを入力してください。 /opt/LifeKeeper/bin/lkGUIserver start このコマンドは、管理しているサーバで…

サービスを起動、停止、回復時に出力されるエラーメッセージ

アプリケーションリカバリーキット » Postfix Recovery Kit 管理ガイド » トラブルシューティング » サービスを起動、停止、回復時に出力されるエラーメッセージ

エラー エラーメッセージ Master process of postfix is not running postfixのmasterデーモンが起動していません。…

ENSAv1からENSAv2へのアップグレード

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » 管理 » ENSAv1からENSAv2へのアップグレード

スタンドアロンエンキューサーバー バージョン1からスタンドアロンエンキューサーバー…

Watchdog

LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper Single Server Protection の管理の概要 » Watchdog

Watchdog は、サーバが正常に動作しない場合に、問題の発生を予防する修正処置 (リブート) を確実に実行できるようにサーバを監視する方法です。 Watchdog は、特別な Watchdog…

Watchdog

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » LifeKeeper I-O フェンシングの概要 » Watchdog

Watchdog は、サーバが正常に動作しない場合に、問題の発生を予防する修正処置 (リブート) を確実に実行できるようにサーバを監視する方法です。 Watchdog は、特別な Watchdog…

Software RAID Recovery Kit の注意事項と制約事項

アプリケーションリカバリーキット » MD Recovery Kit 管理ガイド » 概要 » Software RAID Recovery Kit の注意事項と制約事項

以下の注意事項と制約事項は、本バージョンの Software RAID Recovery Kit…

SIOS Protection Suite for Linux リリースノート

SIOS Protection Suite for Linux リリースノート

バージョン 9.4 重要!! 本製品をインストールまたは使用する前に 、 必ずこのドキュメントをお読みください。 このドキュメントには 、…

コマンド

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » コマンドラインインターフェース » コマンド

LifeKeeper の bin コマンドのグループ化と基本的な説明 コマンドは、以下のディレクトリにあります。 /opt/LifeKeeper/bin これを独自のパスに入れるには、以下のコマンドを実行します。‘.…

付録: DB2 で RAW I/O を使用する設定

アプリケーションリカバリーキット » DB2 Recovery Kit 管理ガイド » 付録: DB2 で RAW I/O を使用する設定

DB2 インスタンスが LifeKeeper で保護されるように、DB2 で RAW I/O デバイスを設定するにはいくつか要件があります。 要件 Linux OS が RAW I/O…

ERSv1からERSv2へのアップグレード

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » 管理 » ERSv1からERSv2へのアップグレード

エンキューレプリケーションサーバー バージョン1からエンキューレプリケーションサーバー…

LifeKeeper で mysqld グループを使用する

アプリケーションリカバリーキット » MySQL Recovery Kit 管理ガイド » 設定上の考慮事項 » LifeKeeper で mysqld グループを使用する

MySQL Application Recovery Kit は、mysqld_multi を介して管理される mysqld グループ機能を使用した my.cnf ファイルをサポートします。この MySQL の機能を使用すると、単一の my.cnf ファイル (通常 /etc…

Linux システム(物理または仮想)での変化率の測定

SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » インストールと設定 » ネットワーク帯域幅の要件の特定 » Linux システム(物理または仮想)での変化率の測定

DataKeeper for Linux は、使用できるネットワーク内でデータを複製できます。マルチサイト、すなわち広域ネットワーク(WAN)構成では、「ソースパーティションが 1…

リソースプロパティ設定の編集

アプリケーションリカバリーキット » WebSphere MQ Recovery Kit 管理ガイド » LifeKeeper の設定作業 » リソースプロパティ設定の編集

WebSphere MQ のプロパティ画面では、プロパティパネル (有効な場合) を使用して特定の WebSphere MQ リソースの詳細設定を表示および変更できます。特定の WebSphere MQ リソース設定プロパティは、 [Resource…